fc2ブログ

急に暖かくなった2月 でもそのままでは…

 2024-02-21
  暖冬との予報はあったが、2月にこんなに暖かくなるとは予想外。
 でも、そのまま気温が上がっていくとは思われないので、まだまだ油断ができない。


 気温の上昇で春を待つ野菜たちが

 各種菜花の開花が早まっている。
 
 エンドウも寒さよけを外し、ネットを張ったので、急に伸び始めている。

春めいた農園

 これは「きぬさや」。

きぬさや

 「スナップ」には花が。

スナップ

 白い大きめの花がちらほらと見えだしている。

スナップに花 (2)
スナップに花 (1)

 
でも、まだまだ気温の乱高下が予想される時期なので、心配はつきない。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト



タグ :

2024年の味噌作りの会開催

 2024-02-17
  参加3組4名にネイチャーT&Fのスタッフ2名のこぢんまりとした会ですが、今年も味噌作りの会を開くことができました。

 豆麹と米麹を使った赤味噌

 一晩水に浸した大豆を圧力鍋で煮て、フードプロセッサーで潰します。
 これが一番早くできる。

つぶす

 人肌にさまして、麹と塩を混ぜ、団子を作り容器に投げ込んでいきます。

2024味噌作りの会 (2)

2024味噌作りの会 (1)

 おいしくなる味噌の完成は1年後。

 今日は、味噌の仕込みが終わった後、1年経った米味噌と赤味噌、それから2年寝かしたものの3種類のみその味を比べていただきました。

味噌3種

 いかがでしたでしょうか。
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

春の準備スタート

 2024-02-11
 夏野菜のスタートは、ジャガイモの日光浴芽から。
 苗作りのためには、まずは育苗ハウスの補修が必須。

 今季は種ジャが貴重に

 昨季は、秋ジャガが大失敗に終わり、朝市に少し出せたとはいえ、種イモをかろうじて残したといった状況。
 ここからは、大事大事に扱っていくことが求められる。
 これまでのように、適当(?)ではだめということ。

 そこで、まずは日光浴芽。

ジャガイモ日光浴芽 (4)

 ジャガイモは丈夫になると言うが、芽は目立って伸びてはこない。

ジャガイモ日光浴芽 (2)

 もう少し伸びてもらえるといいのになと思う。

 育苗ハウスの補修

 1年中張りっぱなしだったので、ぼろぼろになっていたビニールを取り除き、新しいビニールシートを購入し張り直した。

育苗ハウス (1)

 今回は、来年も使えるように、取り外しができるように作った。
 扉もしっかりしたものにして、リニューアルした。
 
育苗準備完了!


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

『今季最大の寒波』だ!対策をしなければ

 2024-01-24
 気象予報によると今季最大の寒波が襲来とのこと。

 できる範囲で対策を!

 まずは、大根の凍結防止。
 地上に出ている部分に土を寄せたり、枯草をまきつけたり。
 すでに前回やってあるが、もう一度入念に。

 今回の重点は、エンドウ。
 昨季はスナップエンドウを痛めてしまったので、今回は護りたい。

 霜対策に防虫ネットをかけてあるが、今回は雪の降るとのことなので、その上に不織布をかけることに。

寒波対策2次 (2)

 強風もありそうなので、上をロープで固めた。

寒波対策2次 (1)

 「きぬさや」は、丈夫そうなので、何もしていなかったが、こちらにはネットをかけた。

エンドウ寒波対策 (1)
エンドウ寒波対策 (3)
エンドウ寒波対策 (2)

 ”今年こそは”との思い。 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

種ショウガの保存

 2024-01-18
 春の植え付けのために、冬の間保存をしなければいけない種イモなどがある。
 そのまま土の中に置いておけばよいものもあるが、掘り出して保管するものが我が家にもいくつかある。


 気をつかうショウガの保存

 ショウガの保存で気を付けていることは、2点。

①温度
 発泡スチールの箱に入れて、台所の食器棚の上に置いている。

ショウガ保存 (1)
ショウガ保存 (3)

 ここは、我が家で、夜一番温かな場所。

②適度な湿り気
 土をつけたままのショウガを、新聞紙に包んで、ビニール袋に入れ、発泡スチールの箱に収める。

ショウガ保存 (2)

 1カ月に1度湿り気があるか点検する。乾き気味の場合は、霧吹きで湿り気を与える。

ショウガ保存 (6)
ショウガ保存 (5)

 湿りすぎは禁物だろうな。

 初めのころは、腐らせたり、しなびさせたりしたこともあったが、最近は、無傷で冬を越すことができている。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

「新芋の御三家」キクイモの場合

 2024-01-15
 我が家でキクイモを作り始めたのは、もういつだったか思い出せないくらいになっている。
 まだ家庭菜園しかなかった頃、野菜栽培雑誌の記事を見たのがきっかけ。


 「新芋の御三家」の記事

 芋の御三家は、誰でもご存知の「サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ」。
 それに対して、新芋の御三家とは「キクイモ、ヤーコン、アピオス」だという。
 当時、どれもほとんどなじみのなかったというより、名前を聞いたこともなかった。
健康野菜だと言うことで、早速その3種の苗を購入し、植え付けてみた。

 その年、3種とも順調に育ち、収穫しその味を確かめることができた。
 味、食感はそれぞれ違っており、初めて口にしたという点では、それなりの価値はあったと思う。
 その後、幾多の変遷(?)を経て、現在は、キクイモだけが残っており、他の2種は、わずかに畑の脇に生息している状態。

キクイモ収穫

 ここからは、その「キクイモ」が主役です。

 我が家の場合で見ると、一度植えると、増えるばかりで、絶えることがないという野菜(?)。
 特においしいというものでもないが、食べるものがないなら、腹の足しにはなりそうだ。
 そうした理由で、戦中、戦後の食糧難の時代には重宝されていたと聞く。
 しかし、食も豊かになり、おいしいものが手に入るようになってからは、次第に忘れ去られ、畑の隅で細々と生き延びてきたようだ。
 そして、昨今の健康ブームに乗って再び脚光を浴びるようになったという。

キクイモの花 (1)
キクイモブログ用 (1)

 食べ方としては、蒸して良し、炒めて良し、煮ても良し、さらに漬け物、サラダと何でもいける。
 きんぴら風に人参と一緒に炒めてみた。

キクイモみそ炒め

 味噌漬け
キクイモ漬物

 3月を過ぎると、芽が伸び始てしまうので、スライスして乾燥キクイモに変えていけば、まだまだ食べられる。
 乾燥キクイモを水で戻したものがこちら。

乾燥キクイモもどし

 薬効としては、糖尿病予防、便秘解消などがあり、実際にその効果を話す人にも会う。

 ただ、おいしさという点では今ひとつかなとも思われる。
 この点は研究の余地があるので、挑戦してみたい。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

繋ぐ種と消えゆく種「エンドウで」

 2024-01-11
 今年のエンドウは2種類
 「スナップ」と「きぬさや」
 どちらもこの農園にやってきてもう何年もの歳月を繋いできている。
 今年のエンドウたちの親は、去年の厳しい寒さにあって、だいぶ痛みつけられていた。

2022しおれ

 特に、見た目もひ弱そうなスナップは、葉先がしおれたりして、もう立ち直れないかなとも思われた。

2022.jpg

 それでも頑張って、今年のエンドウたちを残していった。

 去年のことを教訓に、こちらも支援しなければと、今年は霜よけにと防虫ネットを張ってみた。

今年のスナップ

 今年は去年のような長く続く寒さがないためもあってか、今のところ無事のようだ。
 それでも、”油断は大敵”には変わりはないだろう。

 一方「きぬさや」はどうかというと、こちらは比較的寒さに強いためか、去年の寒さにも、当然今年も”このくらいがどうなの”とばかりに平然としている。

2022きぬさや
今年のきぬさや

 実に頼もしい。

 そうした中で、ここに登場していないのが「さとう」。

さとう

 去年を限りに消滅してしまった。
 きぬさやを元に、甘いエンドウを作りたいと品種改良により作られた品種だと思うが、やはり弱い点があったのではないかと思われた。

 何はともあれ、我が家としては『「スナップ」と「きぬさや」の2種だけは、絶やさず繋げていきたい!』という強い思いだ。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫