菜種梅雨か 雨のやみ間にケルン定植  

 急な気象の変化に翻弄されている毎日。
 負けてはおれぬと,合間を縫って,やるべきことを…


 天気予報とにらめっこで

 このところ,急に気温が上がってくるし,雨の日が続くという日々に。
 天気予報も,前日の予報が,当日になるとがっらと違ってくるといったことも。

 こちらも,先を読んで,作業の予定を立てることが必要に,

 今日も,朝まで雨でその後は晴れるとの予報だったものが,結局,午前中はずっと雨。

 そこで,午後からケルン(茎レタス)の定植へ。

レタス (1)

 自慢にならないが,雨が上がれば,すぐに畑に入ることができるという我が家の農園。

 ケルンの植え付け完了。

レタス (2)

レタス (3)

 風よけのために防虫ネットで覆った。

レタス (4)

 
どうなるかな

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
健康生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/04/09 21:41

端境期 3月最後の朝市の野菜は

 暖かくならないうちに3月最後の朝市。
 今日も気温は上がってこない。すっかり端境期に入って,野菜は 少なくなるばかり。

 露地野菜は端境期 脇を固める野草

 朝市に出せる野菜が次第になくなってきた。

朝市3 (1)

 朝市の主役だった太ネギが終わり,キャベツも小さなものだけになり,ブロッコリーも脇芽に。 ネイチャーToshiのメインは,ワケギだけに。

朝市3 (7)

 それでも,今は脇を固める(固めるまでにはなってないか)野草などが出てくる時期。
 この時期の野草は,その苦味や栄養素が春の身体の健康に合っているという。

 そこで,昨日は,
 土筆(つくし),

朝市3 (5)

 ノビル,

朝市3 (3)

 ミツバ(自生),

朝市3 (2)

 準野草として,巻かなかったハクサイの菜花,

朝市3 (4)

 アシタバ(自生)を採取。

アシタバ

 朝市へ。

朝市3 (6)

 少し種類は増えたかな。 


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/31 15:55

春の味「ワケギ」収穫 今年は短め

3月の声を聞くと,春の味ともいえるワケギを採って味わう。
朝市にも出そうと,本日収穫。

 いつまでも寒かったせいか短め

 草の中で寒さをしのいでいたワケギ。

ワケギ2017 (2)

 まだまだ小さく,細いが,採り始めないと時期を逸してしまう。

ワケギ2017 (1)

 大きそうなものから抜き取り、収穫。

ワケギ2017 (3)

 ワケギは,”そろえる”作業が結構大変。

ワケギ2017 (4)

 背丈は低いが,球の部分はまずまずの大きさ。

ワケギ2017 (5)

 
酢味噌和え(ぬた)がおいしい!

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/03/09 18:22

貯蔵用のキクイモ掘り

 キクイモは畑から掘り出さないでおくと,3月中旬には次第に根や芽が伸び始めてしまう。
 掘り上げて冷蔵庫で保存すれば,4月いっぱいは根や芽が出るのを抑えられるので,貯蔵用を掘り出すことに。

 健康野菜として見直されたキクイモ

 キクイモは,戦中,戦後の食糧難の頃食べられていたそうだが,次第に見向きもされなくなり,畑の横などで命を繋いできていたようだ。

 ところが,”健康ブーム”の到来で,その栄養価ゆえに見直され,朝市でもコンスタントに買われている。
 少しでも売る時期を長くしてほしいという購入者(消費者)の要望に応え,キクイモを4月末まで出せるように計画。
 そこで,冷蔵庫での保存用のキクイモを掘ることに。

 完全自然栽培(というより,放置状態)なので,大きなイモがまとまって採れるわけではない。

kikuimo (1)

 でも道具なしで,掘っていける。

kikuimo (2)

 畑の潮干狩りみたいな感じで掘り進める。

kikuimo (3)

 まだ根も芽も出ていない。「よし,よし」

キクイモ

 バケツいっぱいあればOKかな。

kikuimo (4)

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
健康生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/03/08 12:49

今日は味噌作り

 味噌は自家製になって,もう14年目になるかな。
 なので,毎年2月の中頃には味噌作りを予定。

 今季は大豆が不作

 いつもカメムシの攻撃にあっている大豆だけれど,今季は特に被害がひどかった。

 収穫できた大豆が少なかったこともあって,今年の味噌は2樽(樽という程でない味噌用の容器)を予定。
 それでも,我が家の1年分をまかなえる量(出来上がりで9kg程)。

 まずは,大豆を1晩水につけておく。
味噌造り (2)

 圧力釜で茹でる。
味噌造り (5)

 最初,あくを取る。これをしないと,吹きこぼれて大変なことに。
味噌造り (4)

 茹で上がったら,フードプロセッサーで潰す。
味噌造り (7)

 ここまでが妻の担当。

 私の担当は,
 他の材料を用意。
味噌造り (1)

 我が家は赤味噌。
 用意したのは,有機大豆麹,自然栽培米麹,塩,ホワイトリカー

 分量の麹2種と塩を混ぜる。
味噌造り (3)

 茹でて潰した大豆を,人肌までさまして麹と塩を混ぜ、団子にしていく。
 (手は爪を切って,よく洗って,さらにアルコール消毒する。これが大事。)
味噌造り (8)

 団子にしたものを,容器に投げ込む。
味噌造り (9)

 表面を平らにして,ホワイトリカーを表面をおおうくらいに注ぎ,ラップを張る。
味噌造り (10)

 後は,軽くふたをして,しばらく置き,さめてきたらきちんと締めて,床下にしまう。
味噌造り (11)

 このまま夏を通れば,一応味噌の出来上がり。
 でも,我が家では1年後が食べ始めなので,どんな味噌が出来るか1年楽しみに待つことに。 


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/02/11 16:20

気になっていた食品添加物についてしっかり学ぼうと

 食品添加物には健康に有害なものが多いということはわかっていたが,これまで,しっかりと調べたり,学んだりしてこなかった。
 そこで,一度詳しく調べてみようと思った。

 まずは 本で

 以前購入した本が何冊かあったので,読み直してみた。
 今回新しく購入した本『「食べてはいけない」「食べてよい」添加物』も読んだ。

 これまでも加工食品は,保存料無添加,防腐剤・酸化防止剤不使用を目安に購入していた。
 また,赤○号とか黄色○号といったタール系色素など分かりやすいものは避けてきた。

添加物 (3)

 でも,膨張剤とか調味料(アミノ酸等)などは,そんなに害があるものとは考えていなかった。
 しかし,そうしたあまり気にしないで見逃していた有害な添加物が,いっぱいあったんだと驚かされた。

添加物 (1)

添加物 (2)

 本を読んだだけでも,実に危なげな添加物が多く使われているんだということが分かる。

 病気やいろいろな障害の原因になっていることも推察される。
 これまで考えていたより,かなり大きな問題だ!

 今後,さらに他の著書やネットで調べ,深めていかなければ。
 また,真実に迫るためにも,”現場で知る”ということも大事なことだ。
 決意を新たに!

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/02/07 19:00

菜園周りに自生する春の野草3種

 露地の野菜が無くなってきた端境期。
 この時こそ、春の野草の出番。
 野草の苦みが,この時期の身体によいだとか。

 自宅菜園周りに生えてくる野草たち

 メインの副食になるわけではないが,おひたしにしたり,酢味噌和えにしたりできるのが野草。
 天ぷらもおいしいが,手間がかかるので,なかなかやらないし,やってもらえない。

 自宅横にある菜園の周りで,すぐに見つかるのは,3種。

    〈
この時期、菜園というより草むら〉
自宅菜園
 
 毎年、群落のようにあちこちに集団で顔を出すのがミツバ

春の野草3種 (ミツバ) (1)

 朝市に持って行けるほど採れる。

春の野草3種 (ミツバ) (2)

 今年増えてきたのがアシタバ

春の野草3種 (アシタバ) (1)

 どんな味かなと,おひたしにして初めて食べてみた。
 ”普通に野草だな。まあ,ありかな”

春の野草3種 (アシタバ) (2)
 
 今週初め,天ぷらにしたものを食べる機会があった。そちらもよさそう。

 ノビルも少し顔を出している。

春の野草3種 (ノビル) (1)

 最初は,農園から移植したものだが,今では自生するようになった。
 まだ少なめ。

 『身土不二(しんどふじ)』
 
旬の野草をちょこっと食卓に。ぜいたくだ! 


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/04/15 17:00

ヤーコン育苗

 そろそろヤーコンの育苗時期かなと農園に土を取りに出かけた。

 そういえば,今回は道路の脇にヤーコンの茎塊を埋めておいたのだ。

 すっかり忘れていた。
 どうなったかな?

 ヤーコンの茎塊保存

 ヤーコンは翌年の株用にはイモでなく茎塊を保存しておく。

 保存方法は,秋に掘り上げた茎塊を発泡スチロールの箱に土をかけてしまっておくのが一番。
 畑にそのまま置いておくと傷んでしまうものだと聞いていた。

 疑い深いのが信条でもないが,今回,一部を戸外で土に埋めておいてみた。
 水はけのよい土手の上の道路脇。

ヤーコン育苗 (1)

 掘ってみた。

 
”ワッー” なんと立派な芽が出ているではないか。

ヤーコン育苗 (2)

 この方法でも保存できるんだ。初めて知った。

 家で保存していたヤーコンは、もちろん発芽している。

ヤーコンの芽

 早速,芽を分け,ポリポットで育苗開始。

ヤーコン育苗 (4)

ヤーコン育苗 (3)


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  
健康生活 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/04/03 16:18

そろそろキクイモ掘り上げかな

 キクイモは,秋にイモができてから朝市などへ持って行くのに必要な分だけを,その都度掘り出してきた。
 でも,この時期油断していると,地温が上がってきて根と芽がググッと伸びてくる。

 一定量をストックしておきたいと

 掘ってみると少しばかりだが,やはり根が出ているものがあった。

今のキクイモ (2)

 地表近くにあると,もっと出ているものもある。

 芽も出始めている。

今のキクイモ (3)

 掘った場合でもどうやって保存するかが問題。
 冷蔵庫に保管するのが一番だが,あいにく味噌などが詰まっている。アウト!

 なにはともあれ,バケツ4杯分を掘ってきた。

今のキクイモ (1)

 倉庫のできるだけ温度変化の少なそうな場所に,発泡スチロールの箱に入れて置いておくことにしたが…

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/17 14:34

今日は味噌造り

 去年は,味噌造りの会を開き希望者と一緒に造ったのだが,今年は思ったように大豆が採れなかったので,単独で行うこととなった。

 今年も厳選原料で

 材料は,自然栽培の自家生産大豆,通販で購入した有機大豆,有機米を原料にした2種類の麹,スーパーで購入したよさそうな(?)塩。

 大豆は,3種類。
 ・黄大豆のフクユタカ。
 ・黄大豆で,浜松の有機朝市で買って,蒔いて収穫した黒目大豆。
 ・味噌加工は初めての赤大豆。

 造り方はいつものように,(1容器出来上がり5kg弱分の赤味噌)

①前日より水につけておいた大豆1.25kgを,圧力釜で煮る。
味噌づくり2016 (1)

②指で挟んで潰れる堅さになった大豆を,フードプロセッサーで潰す。
味噌づくり2016 (2)

③豆麹500g,米麹250g,塩500gを混ぜておく。
味噌作り
.
④②の潰した大豆を人肌くらいの温度にさまし,手で③を混ぜる(爪切り,消毒が大事)。
味噌づくり2016 (3)

⑤よく混ぜたら,空気を抜くために団子に丸める。
味噌づくり2016 (4)

⑥団子にしたものをアルコール(ホワイトリカー使用)消毒した容器に,空気が入り込まないようにするために投げ込む。
味噌づくり2016 (5)

⑦表面をならして,ホワイトリカーを流し,ラップで覆ったら出来上がり。
味噌づくり2016 (6)

⑧ふたを軽くかぶせ,中身の温度がさめたらきちんと締めて床下へ。このまま夏を過ぎれば,一応の完成。その後熟成させていくとさらにおいしさが増していく。

 これで、1年分の味噌が確保できたかな

 初めての赤大豆味噌が,どんな味になるか楽しみ。
味噌づくり2016 (7)

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ. にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/13 22:12
 | HOME | Next »