fc2ブログ

4月に入って農園は

 2024-04-03
 露地栽培の農園は端境期の真っ盛り。
 収穫できる野菜はわずかな種類のみ。


 収穫を終えた野菜と5月収穫を待つ野菜

 この畑では収穫の時期を終えた冬大根が一面に花を咲かせている。

4月畑落合全景 (1)

 来年の自生えダイコンにするために種ができるまでおいておく。

 芽を足元にやると、ジャンボにんにくが元気に育っている。
 こちらは、5月下旬からの収穫予定。

4月畑落合全景 (5)

 ここの空豆は、順調。

空豆の花 (1)

 でも、よく見ると先端の芽の部分にアブラムシがかたまっている。
 この区画は、サツマイモとの交互の連作で、肥料は一切入れていないのに、今年も結構アブラムシがやってきている。

空豆の花にアブラムシ

 アブラムシごと頭をちぎってしまうことで、豆は太り、アブラムシは除去でき一石二鳥。

 
気温も上がってきて農作業もはかどりそうなので、天変地異がなければ、夏野菜の準備が進められそうだ。


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト



タグ :

野鳥にあまり興味はなかったが

 2023-12-24
 家の横の畑に虫やミミズを食べているのか、時々野鳥がやって来る。
 よく見かけるのはハクセキレイ。
 ”えっ、人の近くによって平気でいるあなたは誰?”

 ハトやカラスはよく見かけるけれど

 カラスはどこに行っても大きくて黒いのでよく目立っている。
 ハトも集団で飛んで来たり、我が家にも完全に住みついているというものまでいる。

 これまであまり関心を持ってみていなかったけれど、春のウグイス、メジロ、普段のスズメとそれなりによく見かけるなと今更ながらに。

 それが、なぜか「この鳥は誰?」と気になった。

ショウビタキ

 ハクセキレイはよく見かけるが、なんという鳥かわからなかった。

 調べてみると「ショウビタキ」だとわかった。

ショウビタキが来た (1)
ショウビタキが来た (2)


 日本のどこでも見かける鳥のようだ。
 関心を持って見ないと目に入ってこないということらしい。

 「何事にも視野を広げないとだめですよ」ということかな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

初めて遭遇!『ハクビシン』

 2023-10-09

 ちょっと小雨の降るどんよりとした空模様。畑に入るなり、相方の「ねこッ!」 の声。
 「そう」と聞き流して作業(まずは見回り)開始。
 畑の草むらから突然ネコのような茶色の 動物が畑の中を横切っていく。
 「あっ、ネコか」と思ったが、背中は丸く、口はとがっているような。 どう見てもネコで話さそう。
 「ひょっとしてハクビシンでは」
 走り去る横顔に白いものも見えた。
 ハクビシンは黒いと思っていたが、もし身体が茶色なら間違いないと思った。

 家に帰ってから調べてみたところ、ハクビシンの身体は茶色のようだとわかった。
 写真は撮れなかったので、イラストを拝借。
 

ハクビシンイラスト

2カ所の畑で何年もスイカをはじめとして多大な被害を受けてきたが、その姿を1度も見ることはできていなかった。
 本日午前、ついにその仲間の姿を見ることができた瞬間だった。

 雨模様の暗い日だったので、まだ夜だと思ってのんびりしていたのかもしれない。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

キジの子発見

 2019-06-01
 11個の卵がかえった後消息が分からなくなっていたキジの親子だったが,まだ畑の近辺にいるらしいことが分かった。
 
 子キジの1羽を発見!

 いつものように畑に行くと,ケールの虫除けネットの中を茶色の小動物が素早く移動している。

 「えっ,何だ」

 よく見ると,鳥のよう。

キジの子 (1)

 これは,キジの子か~?

キジの子 (2)

 行き止まりの隅にすくんだところに,そうっと近づいてみると,やっぱりキジの子だ!

キジの子 (3)

 ネットの中に入ってしまって,出られなくなってしまったようだ。

 ネットの外に出してやると,小さいながらも30メートルくらい一気に飛んで,いつも雄キジが「ケーン,ケーン」と鳴いていた梨畑の方に消えた。

 危険(ワナと思っただろうな)と感じたのか,この日を含めて雄キジの「ケーン,ケーン」という鳴き声は聞こえなくなったが,家族でどこかに引っ越し,元気に生きているのかな。
 数は減っているかも知れないが…。 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

農園はバッタ天国

 2017-10-17
 珍しく,このところ連続しての雨天。
 農作業もままならず。

 雨前の農園には,今こそ我らが主役とばかりにバッタがあちらこちらに。
 雨の中,バッタたちも一休みかな。

 毎年この時季はバッタ天国に

 農薬の散布がない上に,住処や食べ物となる草も豊富のこの時季は,バッタにとっては最高なのかな。

農園のバッタたち (1)

 野菜も少々かじっているようだが,多少のことは黙認。

農園のバッタたち (2)
農園のバッタたち (3)
農園のバッタたち (4)
農園のバッタたち (5)
農園のバッタたち (6)
農園のバッタたち (7)
農園のバッタたち (8)


 気温がぐっと下がると姿が見えなくなる。
 長くはない期間だが,自由に飛び回っていいよ と。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

端境期 畑を回って食料探し

 2017-03-18
 今年は,端境期がいつもより早くやってきた感じだ。
 食料を求めて,畑をぐるりと1周。


 探してみれば、全くないわけでは

 朝市では売れないが,そのまま置いてはもったいないという野菜を求めて畑をぐるり。

 ダイコンは,とうが立ち,花が咲く直前。

ダイコンのつぼみ

 巻かなかったハクサイ。菜花として収穫した方がいいのかな?

白菜

 土筆。知らぬ間に時機を逸したような…

土筆

 伸びが余りないせいで,見逃したような気がする。
 それに,今年は数が少ないようだ。ちょっと食料には足りないかな。

 自生えのカツオ菜が,やっと採れそうだ。

かつお菜

 これだけ採った。食料の足しにはなりそうだ。

端境期 (1)

 まだまだ4月末頃までつづく端境期を,何とか乗り越えたいものだ。


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

農園で順調に育っている作物

 2015-05-18
 今の農園の野菜には、冬を越してきて収穫の時期を迎えたもの、春に種を蒔いて、育ちつつあるものやもう収穫を迎えようとしているものなどがある。

 冬を越してきたものは

 収穫中は,キャベツ、ソラマメ、ニラ、パセリ。
 これから収穫は,六条大麦、ニンニク。

 六条大麦は、そろそろ収穫時。今年もおいしい麦茶が飲めそう。

六条大麦


 春スタートで間もなく収穫は

 一番手はズッキーニか。小松菜、オカノリも並んでいる。
 続いてジャガイモ。

 ジャガイモは、去年は芽の出るのが遅く、収穫量が少なかったが、今年は順調。

ジャガイモ

 現在、花が咲き始めている。

ジャガイモの花

 春スタートで、成長中は

 それは、各種あり。

 中でも自生えで元気なのが,キクイモ、オカワカメ。
 キクイモは、相変わらず草原状態。

キクイモ

 オカワカメは、多年草。
 冬に地上部は枯れてしまったが、元気な若芽が伸びてきている。

オカワカメ

 しかし、初夏の定植野菜は、まだ活着していないものやウリハムシなどの攻撃(アンドンのやれていないもの)にあい心配なものなど多数あり。

 予断を許さない!

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
タグ :

今年も農園に雉の巣が

 2015-05-13
 昨日空豆を採っていると,突然足下から雌のキジが飛び立った。
 見てみると,空豆の株の間に巣があり,卵が4個あった。

 去年もキジの巣が

 うちの農園は草が茂り,隠れるのに都合がいいようで,毎年キジがやってくる。
 去年も草を刈っていたら,手元からキジが飛び出した。巣があり,卵が生んであった。
 隠れる草を一部刈ってしまったので,土付きの草を移植しておいたところ,無事ひなを孵すことができたようだ。

 今年は空豆の株元へ

 今日は戻っているかなと,近づいてみるが,
 少し離れた所から見ても,全くわからない。

今年もキジが (1)

 さらに,そうっと近づいて見ると,背中の羽が見えた。
 ちゃんと戻っていた。

今年もキジが (3)

 畑の反対側の端の方で,雄が「ケーン,ケーン」と鳴き,羽でバサッバサッと音を立てている。

 人を巣に近づけないよう,逆方向に引き寄せているのだろう。
 しかし,毎年同じパターンなので,畑の反対側の方に巣があるだろうと予測されてしまう。

〈手前の防風ネットの所に巣があり,写真右奥の垣根の端の所で雄が鳴いている〉
今年もキジが (2)

 あまり関係ないが,「雉も鳴かずば撃たれまい」ということわざ。
 この場合は,雄が命がけで雌と卵を守るために鳴いているということで,鳴く理由があるようだ。
 何はともあれ,今年も無事ひなが孵るといいな。近くの空豆は収穫しづらいので,種用に残すことにした。
 ただし,蛇,ハクビシン,カラス等々危険はいっぱいだよ。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

台風18号通過 畑が冠水,野菜は泥まみれ

 2014-10-07

 昨日早朝,願いもむなしく,ほぼ直撃コースを通っていった台風18号。
 風もさることながら,今回は大雨によって,畑の南の川が氾濫し,道路を乗り越えてきた水によって畑が冠水。
 無残な姿の野菜も…

 結局今年も台風に惨敗

 台風が通過した後,農園の様子を恐る恐る見に行った。

 予想以上の被害。
 それというのも,畑の南側を流れる川が氾濫し,道路を乗り越えて畑に流れ込んだ跡がある。

冠水 (4) 冠水 (5)
   
 流れ込んだ物で押しつぶされたり,泥に埋まったりした野菜も。

冠水 (1) 冠水 (2)

 事前の対策は,直撃の風と冠水により,ほとんど効果が無かった模様。

 それでも復旧作業

 復旧できるところは生き返らせなければと,昼ご飯も食べずにがんばって作業。

復旧シュンギク 復旧ダイコン
 
 

 黄大豆,赤大豆,黒大豆,全て倒れて冠水。これを全部起こしたが,ふくらんできたサヤが泥まみれ。復活できるかな?

 復旧大豆

 まだ間に合うものは,種のまき直し。

 やはり ”野菜作りに,いい時は長くない” だったな。
 19号が同じコースに乗って向かってきている。
 『えっー,また!』 

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :

秋冬作の時期だが,畑の野菜は

 2014-08-26
 去年の種蒔き・定植時期を参考にしながら,今年の種蒔き時期のタイミングを計る。
 しかし,今年の気象状況は去年とはだいぶ違うようだし,直播きは,雨との関係もあるし,苗作りにしろ虫との闘いも考えなければ…

 秋冬作が今年も本格的に始まろうとしているが,畑には夏秋作の野菜たちが…

 交替するもの,継続するもの

 トマトは,これ以上は無理と見て,場所の明け渡し。

夏から秋へ 新旧交代 (2)

 ズッキーニも一部復活の兆しはあるものの,今年の天候では継続は難しいかも。

夏から秋へ 復活へ

 ナスは,まだまだこれから。おいしい秋ナスの採れる時期に向かう。

夏から秋へ 継続 (1)

 オクラも,まだまだ。

夏から秋へ 継続 (2)

 この他に,ピーマン,オカワカメも。

 これから収穫を迎えるもの

 タカノツメが赤くなってきた。

夏から秋へ 間もなく収穫 (1)

 ゴマの莢が,開き始めた。

夏から秋へ 間もなく収穫 (2)

 この他に,カボチャ,モチきびなども。

 収穫はまだまだ先

 エビスグサは, サヤと花が同居。

夏から秋へ これから (2)

 大豆は,やっと花が咲きだしたところ。

夏から秋へ これから (1)

 この他に,サツマイモ,ハヤトウリなど。

 冬がメインのものも

 ネギは周年栽培だが,やはり冬が最適。

夏から秋へ いい時期へ

 ワケギも芽が出だした。

夏から秋へ 新旧交代 (1)

 と,秋は,春と違って,全くの端境期にはならない。
 
空いたところに,適期を逃がさないように気をつけながら,秋冬野菜の種を蒔いて行くぞ。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫