今年の秋山は浅間山  の外輪山

 今季は,この時期なかなか手があかない畑仕事。
 それでも時期を逃がしてはと,17日,申し訳ないが1人で秋山登山に出発。

 入山禁止の浅間山 見るだけでもと外輪山へ

 準備もままならないので,本格的な登山はあきらめ,紅葉を本命にして低山へ。

浅間山と紅葉

 これまで,下からちらっとしか見たことのない浅間山。

浅間山 (1)

 といっても 現在は,登山禁止になっているので,外輪山から眺めることに。

浅間山 (3)

 こうしてみると紅葉がきれいだったように見えるが,

浅間山 (5)

 これは,写真の綾。

 実際は,広葉樹は少なく,唐松の紅葉がメイン。

浅間山 (4)

 天気もよく,噴煙を上げる浅間山も間近に見ることができ,ぜいたくな秋の山行でした。

浅間山 (2)

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
登山 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/19 15:21

息抜き 畑仕事を休んで紅葉山へ

 4月から大雨と特別な用事以外は,1日も休まず畑に行くか何かの農作業が続いている。
 しかし,秋山の紅葉を満喫することは,1年間のエネルギーの源なので外すことはできない。
 今回は,1人で出かけることに。

 前々日に目的地変更

 2泊3日で本格的登山の予定だったが,2,3日前から膝に違和感があり,これはちょっと無理かなと。

 急遽立山室堂から弥陀ヶ原を下るだけの1泊2日のコースに変更した。

 室堂までは黒部アルペンルートで。
 
 立山は上天気。足の具合を見ながら稜線の一ノ越まで登ってみたが,荷物がないせいか特に問題はなかった。

立山 (1)

 予定通り2日目は,朝から弥陀ヶ原を下っていくことに。

弥陀ヶ原 (1)

 立山地獄谷から上る硫黄臭い有毒ガスが,弥陀ヶ原まで漂ってきている。全国で火山活動が活発になっており,ここ立山も例に漏れずといったところ。

立山 (2)

 次第に紅葉がきれいになっていく。標高2000m 位のところが紅葉のピーク。

弥陀ヶ原 (3)

 それにしても,ルートはすべて写真のような木道で,朝方は霜で滑り,とても歩けたものではなかった。(弥陀ヶ原を過ぎて下っていくと,ほとんどが傾いた状態で,これも歩けない)

弥陀ヶ原 (0)

 距離は長くなるが,バス道を歩いた方がぐっと楽。

弥陀ヶ原 (2)

 おかげで,予定よりかなり早く弥陀ケ原のバス停に着いてしまったので,称名の滝まで足を延ばすことに。

 ”八郎坂"という登山道は,打って変わっての悪路。
 石の上は湿っていて,滑る,滑る。
 高度はぐんぐん下がる急勾配。
 ケーブル代が浮くことになるだけに,さすがの下り。

称名の滝 (2)

 称名の滝(落差日本一とか)を上から見ることができる絶好の場所を通るだけに,それなりの価値はあったが,紅葉の記憶は一時吹っ飛んでいた。

称名の滝 (1)

 
さて,次は日帰りで紅葉を見に行く計画立てなければ。
 ”山の神”を怒らせてはいけないので。

 ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
登山 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/10/07 18:05

自然の脅威”御嶽噴火”

 現時点で47名の死亡が確認された御嶽山噴火。まだ死者が増える可能性がある。

御嶽山2011 (4)
 
自分が, 御嶽山に登ったのは,ちょうど3年前。
 3年も前ならあまり関係ないように思えるが,今回登山していた人にとっても,まさかの出来事だっただろう…

 自然は美しい,されどいつも友達ではない

 今の時期の御嶽は8合目以上が紅葉で美しい。
 山は秋山。紅葉の山は,時間さえ取れれば,毎年見に行きたい。

 3年前の御嶽山。10/11に行ったが,紅葉を見るには少々遅かった。7合目位が紅葉の見頃。

御嶽山2011 (2)

 8合目付近は,もう紅葉は終わっていた。
 この場所が,今回NHKが取材撮影をしていて,偶然最初の噴煙を撮った所。映像では紅葉真っ盛りだった。

御嶽山2011 (3)

 頂上へのルートは,大きな石あるところもあったので,うまく隠れることができた人は,生還できたようだ。

御嶽山2011 (5)

 山小屋の近くにいて避難し,助かった人も。

御嶽山2011 (6)

 頂上へのこの石段は,報道の写真を見ると,火山灰に埋もれ,坂道のようになっていた。

御嶽山2011

 そして,この頂上は,あまりにも悲惨な場所となってしまった。

御嶽山2011 (1)

 
お亡くなりになった方のご冥福をお祈り致します。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
登山 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/10/01 23:43

紅葉を求め甲斐駒ヶ岳へ ~野菜作りは一休み~

 三連休の最終日,”体育の日”。今年の紅葉を見るため南アルプス甲斐駒ヶ岳へ出かけた。
 午前1時起床の日帰り登山。速攻登山のため,単独行で。
 

 
紅葉はもう山を下り始めていた

 仙流荘の駐車場に車を置き,村営バスに乗り換えて,登山口の北沢峠に着いたのは,午前6時20分。

甲斐駒ヶ岳登山 (1) 


 朝食を食べて,さて出発。
 紅葉を見るには,仙水峠を通るコースがよいようだが,まずは山頂をめざし,尾根コースで登り始めた。

 針葉樹の中の急登を息を切らせること1時間ばかり。
 この辺りは,広葉樹も少なく紅葉はわずか。

甲斐駒ヶ岳登山 (2) 


 やっと尾根に出たが,ここはハイマツ帯で紅葉はなし。
 しかし,前方には駒ヶ岳。
 
甲斐駒ヶ岳登山 (4) 

 周りを見渡せば,富士山,北岳,間ノ岳と日本第1位,2位,4位の高さの山や鳳凰三山地蔵岳のオベリスクが間近に見えている。

甲斐駒ヶ岳登山 (3) 

 尾根を進んだ駒津峰では,花崗岩に覆われた駒ヶ岳の岩峰が迫ってきた。

甲斐駒ヶ岳登山 (5) 


 駒ヶ岳頂上からは360度の展望。

甲斐駒ヶ岳登山 (7) 

 富士山はかすんでしまったが,雲海も広がり,すばらしい景色。

甲斐駒ヶ岳登山 (6) 


 帰りは,紅葉が見られるという仙水峠を通るコースで。

 山肌がきれいに紅葉。


紅葉 (1) 

 仙水峠で真っ赤になったナナカマドの実を見つけた。

紅葉 (2) 


 途中,木の間から紅葉が見え隠れする状態だったが,仙水小屋の前は視界が開け,遠近感のある紅葉の景色が広がっていた。

紅葉 (3)

 簡単にいけると思っていたため,今回初めて登った甲斐駒ヶ岳であったが,歳が多くなると登りはきつい!

 
自然農もいいが,大自然はなおいい。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
登山 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/15 17:10

紅葉の秋山へ,道の駅でハヤトウリ購入1012

 昨日は,畑仕事は休んで,紅葉を眺めに御嶽山登山に出かけた。退職者(もの)の特権とばかりに,観光地の空いている三連休あけを狙った。

 「えっ,今日から東名高速道路は集中工事!」噂には聞いていたが,これがそれか!
 往きも帰りもこの渋滞にはまった。山は空いていたけれど。

 帰りにハヤトウリを売っていないかなと,道の駅を覗いてみると,あった。即購入。

 ちょっと遅かった紅葉登山
 今年は,10月初めに気温が一気に下がったため,山の紅葉は早かった模様。
 期待した8合目のナナカマドの葉は落ちて無くなっており,赤い実だけが元気なく残っていた。
 紅葉前線は,すでに標高2000m位まで降りてきていた。

 この時期,北アルプスなど,日本アルプスと呼ばれる山は,どこに行っても,すばらしい紅葉が見られると思っていたが,大きな間違いだった。
 その年の気候(気温)の様子をみながら,場所と時期を選ばなければいけないなと反省。

 今回の登山は,同行者の体力と,自分の左膝の具合を考え,ロープウェイを利用し,標高2150mから出発し,剣が峰(3067m)往復の6~7時間コースにした。

 8合目までは木馬道(きんまみち)が多く続く
御嶽登山 1

 紅葉はこの辺りがピークのようだ
御嶽登山 2

 
さすが3連休あけの平日とあって,行き会う登山者もまばら
御嶽登山 3

 
8合目は,期待を裏切り,”紅葉はどこに?”
御嶽登山 4

 頂上はしっかりした社があったり,頂上小屋が隣にあったりと興ざめ。
 信仰の山だから仕方がないか。でも展望は抜群!

御嶽登山 5

 道の駅でハヤトウリ発見
 去年,山の帰りに買ったハヤトウリを,今年植えて育てている。
 初めてのハヤトウリ栽培だ。
 しかし,台風にやられ,今後の生長にも不安があるので,ハヤトウリを見つけたら,保険として買っておきたいと思っていた。
 山の帰りに道の駅を2カ所覗いてみた。閉店間際の2カ所目で発見!早速6個購入した。
 3個残し,あとの3個は試食予定。
ハヤトウリ長野
登山 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/12 14:00

紅葉の北ア焼岳(2010.10)

 最近は,ゆっくり時間とれないいため,日帰り登山を組むことも多い。昨年の秋は,北アルプス焼岳に日帰りで行ってきた。
焼岳 (5)
 今,宮崎では新燃岳の噴火が問題になっているが,この焼岳は,名前の通り活火山だ。

 
ルートの選択
 
焼岳へのルートはいろいろあるが,やはり時間をかけずに頂上まで行けるコースがいい。横着ともいえるが,日帰りという条件もあるから。
 そこで,松本から上高地へ行く途中バスに乗り換える沢渡を通って,安房峠に向かう道から入山するコースを選んだ。
 上高地へ向かうコースから分かれて,新しくできた安房トンネル方面へ。トンネルには入らず,入り口少し手前を右に分かれ,旧道をくねくねと上っていく。少し行くと登山口があり,ガイドブックには,近くに10台分位の駐車スペースがあるとあった。先に10人以上いたらどうしようと心配しながら上っていくと,道路の路肩に駐車した車があるわあるわ。10台どころか,行けども行けども空いたところには車が駐めてあり,100台以上を数えたと思う。
登山口からだいぶ離れた所にやっとスペースを見つけて駐車した。登山口へは,しばらく道路を下ることになった。
 1時間ほど灌木の中を歩いていく,と紅葉の間から焼岳が突然姿を現した。わくわくする瞬間だ。
焼岳 (2) 

 頂上へ 
 
紅葉の中を進んでいくと,ぐんぐん焼岳が大きくなってくる。周りの紅葉もすばらしいの一言につきる。
 焼岳 (3)

 やがて,紅葉とは分かれて,水蒸気を吹き出し,岩肌をみせる焼岳の頂上へと向かう。水蒸気は,かなり硫黄くさい。
焼岳 (4) 

 頂上到着
 登り始めて2時間弱で頂上へ到着した。頂上は,思ったより賑わっていた。今はやりのスカートスタイルの山ガールもちらほら。この日は,絶好の天候で,頂上からは360度の大展望だった。目の前に穂高の峰々。遠くには白山も。
焼岳 (6) 焼岳 (7)
 
車で往復10時間。山は,3時間ほど。ウ~ンとうなってしまうが,それでも行きたいのだから仕方がない。
 それに見合うすばらしい景色を満喫できた。いつまでも頂上から離れがたかったが,帰りの時間を思い,後ろ髪を引かれての下山開始だった。
登山 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2011/02/28 20:36
 | HOME |