自然農農園開始前日(原発事故未だ予断を許さず)

 東電の福島第一原発の放射能漏れは,おさまるどころかますます拡大するばかり。フランスから専門家が,アメリカからも真水をいっぱい積んだ船やら無人偵察機までやってきた。それでおさまるのか?
 「安全,安全」と言っていたものが,ここまで危険なものだった。果たして放射能漏れは,食い止めることができるのか。作業員は,被爆,高濃度の放射能は止めどもなく海に流れ出す。本当に,止められるのか。
 何かと電気を使うことを増やしてきたつけがこんな形で返ってきたのか。例えば,温水洗浄便座の電源を断てば,全国で原発4基相当分の電力の節約になるという。

 農園の区画割り
 世間は,未曾有の状況だが,とりあえず,計画通り4月の自然農農園開始に向け準備に入った。
 東西に4つの区画割りと北に果樹ゾーンを作った。
 区割り
 畑に車を入れる所がないので,高いところから土を運んできて,それを入れることにした。取り付け道路は,行き止まりで,先にある土地の人と鉢合わせになると動きがとれない。そこで,畑に車を入れて,よける必要がある。
入り口

 ついでにキャベツとワケギを収穫
 ワケギはあまり大きくなっていない。大きくなるのを待っていても,ならないまま終わってしまうのではないかと心配だったので,何はともあれ1回分を収穫した。
ワケギ 
 キャベツも1個。
キャベツ 
(以上取材は昨日)
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/31 07:00
 | HOME | Next »