育苗用の発芽が始まっているが,心配も

 育苗を始めているが,播種してすぐに発芽するものとなかなか顔を出ないものがある。
 蒔き直しをしなければいけないのかなとポットとにらめっこ。

 発芽温度の違いで

 比較的温度が低くても発芽するのが,今年初めて蒔いた「ケルン(山クラゲ)」〈3/6播種〉。
 発芽率もほぼ100%。間引きをして,1本立ちにした。

育苗中 (3)

 そして,毎年世話の無いのがズッキーニ〈3/15播種〉。
 いち早く発芽し,大きな双葉を広げている。

育苗中 (1)

 しかし,自家採種組がみんな顔を出したのに対し,種類の関係で購入した種(赤いポット)が調子悪い。

IMG_8729.jpg

 トマト,ミニトマト〈3/15播種〉は3本双葉を広げたが,これから。

育苗中 (2)

 よく見ると,他に1本茎が出てきている。

育苗中 (4)

 ナス,ピーマン,パプリカ,タカノツメ〈3/22播種〉は時間がかかりそう。
 顔を出すまでは,心配。
 一手間掛けて,発根させてから蒔けば生長が早いだろうな。来年からは考えてもいいかな。 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/03/27 17:44
 | HOME | Next »