GOPAN購入 有機玄米でパンを焼きたい

 念願のGOPANを購入。去年SANYOから発売されたとき,「米粉でなく,米からパンを作ることができ,餅もつける」これは画期的なホームベーカリーだ,絶対買うぞと思った。
 ところが,ミル時の音が異常に大きいとの評判だったので,二の足を踏んでいるうちに売り切れになってしまった。
 12月,Panasonic製として,音の大きさを改良した製品が発売されたので購入となった。
GOPAN.jpg 

 無農薬・無化学肥料栽培の米でパン作り
 SANYOのGOPANを買い損ねたが,その後,これまで持っていたホームベーカリーで,冷やご飯と小麦粉を混ぜてパンを焼くことができることがわかった。
 餅つき器を単体で購入し,それで,パン作りと餅つきの両方ができたため,よしとしていた。

 それでも小麦が主で,米が従でしかできないことにやや不満があった。
 そこへ,今回の音が少し小さ目になった製品の発売となり,購入決定。
Gopan (2)
 
 このGOPANで,秋から定期購入を始めた無農薬・無化学肥料栽培の米を使って,小麦グルテン「0」の純粋に米のみのパンや玄米を主としたパンを焼いていきたい。

 まずは試運転
 早速,米パンを焼いてみた。
 手始めに,手元に小麦グルテンがなかったので白米+強力粉で作る「お米小麦パン」を焼いてみた。
 パンケースから出したとき上側を潰してしまい,形がちょっとおかしくなってしまったが,一応パンが焼き上がった。
Gopan (3)

 さすがに,これまで作っていたご飯パン(小麦粉が主)よりも,さらに粘りのあるもちもちしたパンができた。
Gopan (1)

 今後は,自然農で作った野菜を使ったアレンジパンにも挑戦していけるかも…。
スポンサーサイト
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/23 22:10
コメント

管理者のみに表示