えんどう・空豆の風・霜よけ補修

 えんどう・空豆の枯れ草を利用した風・霜よけが雨風で縮んできてしまった。最近のの冷たい北風に一部枯れてきたところも。

 風・霜よけ補修
 ワラを使っての風・霜よけなら,こんなことはないのだが,できるだけ「畑の中の物を使って」やっているので,理想的にはいかない。
 風上に置いた枯れ草の高さがずいぶん低くなってしまった。
  えんどうは,冷たい北風にさらされて,一部枯れてきている。
エンドウ危うし

 防風ネットをやってみたが,離れたところでは,あまり効果はないようだし。
 周りから枯れ草を持ってきて足したいところだが,その場所の枯れ草がなくなってしまう。自然農では,草は肥料の元であり,マルチであって貴重。

 とりあえず,縮んだ枯れ草を持ち上げてみることにした。
エンドウの巣 


 空豆は,意外と元気

 空豆は,えんどうより上に顔を出している割に元気。
 葉の厚さ,大きさの違いかな。
空豆元気
 
 とは言っても,同じように風よけの枯れ草を持ち上げておかなければ。
空豆勢揃い 
 
 一応,補修完了!
 さーて,どうなるかな。
風・霜よけ補修 

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ←ランキングに参加しています。よかったらポチッと押してください。

スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/01/15 09:45
コメント

管理者のみに表示