農園は この時期 楽しくない”3M”

 「厳しい寒さ,枯れる苗(野菜の株),草が伸びる」で無理矢理の”3K”というより,「まだ冬,また枯れた,もう伸びる」の”3M”が合うかな。

 「まだ冬,また枯れた,もう伸びる」の”3M”とは
 「まだ冬」は,農園を吹き抜ける冷たい西風。今日も,あまりの冷たい強風に鼻水も出てきて,作業を早めに切り上げて帰った。
 
 「また枯れた」は,何とか冬を乗り越えたと思っていた空豆が,この寒さで,まだ新たに枯れてきている。

空豆風よけ (2)

 「もう伸びる」は,ラッキョウの畝を見ると,この寒さの中,草だけは,着実に伸びてきている。ラッキョウも一緒に大きくなればいいのに。

ラッキョウ

 3Mの対策は?
 冷たい北風は,今のところ防ぐ手立て無し。費用をかけずにできる方法は見あたらないので,暖かくなるのを待つのが一番か。
 4月の種蒔き時や5月の苗植え時は,芽や苗をあんどんで守ればいいし,野菜の種類によっては,ウリハムシ対策との一石二鳥も可能。

〔写真は,家から運んだ大豆殻を撒いたもので,対策とは関係なし〕
大豆殻

 空豆の苗(株)には,家の庭にあった大豆の株を運んでいき,それをさして風よけを強化した。

空豆風よけ (1)

 ラッキョウは,草が風よけにはなっているが,このままではまずいので,おおっている草を刈ってラッキョウの葉を出した。
 出し過ぎたかもしれない。

ラッキョウ (1) 

 農園に行くのが楽しくなるのは,まだ先になりそうだ。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ←ランキングに参加しています。よかったら,ここをポチッと押して下さい。
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/03/20 16:05
コメント

管理者のみに表示