窒素肥料はカラスノエンドウ頼み

 この時期,農園にはカラスノエンドウがあちらこちらに群生している。
カラスノエンドウ (1)

 窒素肥料の固定をねらって,レンゲの種を蒔いたが,その姿は見えてこない。
 ここは,今年もカラスノエンドウに協力を願うしかない。
 それだけでは十分でないだろうが,ないよりはいいかな。

 カラスノエンドウの根粒菌
 根粒菌については,去年も調べたが,念のため,1株スコップですくってみた。
 
カラスノエンドウ (2)

 カラスノエンドウの根は,地表付近に広がっている。
 根本をすくって裏返してみると,ピンク色をしたつぶつぶがあった。これが根粒菌かな。
 やや少な目なのは,ここは比較的肥えた場所なのかも知れない。

カラスノエンドウ (4) カラスノエンドウ (3)

 窒素の固定ができれば,表面に近いところに一番溜まりそう。ズッキーニやキュウリなど表面に根を張る野菜に向いていそうだ。

 それにしても,去年ダイズさえ大きくならなかった痩せ地は,ヨモギが生えているわ,ツクシは出るわ,おまけにタンポポがきれいに咲いて,ちょっとお手上げ状態。

 とは言っても,去年よりは肥えてきたようには見える。

畑にタンポポ

 堆肥を作って入れるなどやらないといけないんだろうな。

 でも,もう一度,豆で肥やしてみたいが,連作障害が出るかな。
 それとも大丈夫かな。その実験も兼ねてやってみる。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ←ランキングに参加しています。よかったら,ここをポチッと押して下さい。
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/04/05 18:10
コメント

管理者のみに表示