唯一の農園用動力機器動かず

  農園で使用しているのは,鍬,鎌,スコップ,水タンク,じょうろなどほとんどが手作業用の道具。
 動力機として,唯一草刈り用にリョービの充電式電動刈払機を使用している。


刈払機 

 「さて,今日から草刈りに入るぞ,まずは充電しなければ」 ところが,充電器に異常なランプの点滅が…。

 草刈り開始をしたのだが
 充電器の異常は,昨シーズンの充電分が満タンなのかなと,そのまま持っていって使ってみた。でも,あまり作業をしないうちに電池切れ。

 家に戻って,再充電を試みたが,再び赤と緑の点滅ランプ。これは,充電不可能の知らせ。
 ”えー,2シーズン使って,もう終了!?”

ランプ点滅 (1) ランプ点滅 (2)

 保管状態に問題があったのかもしれない。時々使うことが必要だったのかな。
 電池の持ち時間も短くなっていたし。
 ということで,新しい電池パックを注文しようと,電池パックの価格を調べると,なんと15000円程。
電池パック 
 このサイトでは,16380円。
 
 本体を入れても,その倍ちょっとの価格なのに,電池パックが高すぎる。
 しかし,昨日,手作業で草を刈っていたが,腰に痛みが。
 もう買うしかないなと注文。大出費!

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ←ランキングに参加しています。よかったら,ここをポチッと押して下さい。
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/04/19 12:10
コメント

管理者のみに表示