自然農は豆が一番 2日間で2313粒播種

 「不耕起,無農薬,無化学肥料,不除草」は,できているが,「無施肥」がなかなか難しい。
 でも,豆類には,根粒菌によって窒素肥料分を作ってくれる「無施肥」の優等生が多い。

 大豆の蒔き時と見て

 この地域では,大豆のまき時は6月頃だろうが,雨と虫のことを考えると,今が蒔き時と思い,一気に種蒔きをした。
 
 昨日は,にわかに雨が降ってきたり,そうかと思えば,太陽が出たりと忙しい天気。
 種蒔きに絶好と,味噌用ダイズ「フクユタカ」と煮豆用「トヨマサリ」と枝豆「ビアフレンド」を直播きした。

 1か所に3粒ずつ
大豆直播き (2)

 播いた数は,「フクユタカ」329×3畝=987,「トヨマサリ」329×3畝 =987,3×35箇所=105,「ビアフレンド」3×28箇所= 84 播いた豆数:計2163粒
 土をのせ,枯れ草を軽くかければ,どこに蒔いてあるか,ちょっと見ただけではわからない。

 これで,カラスやハトなどの鳥たちも寄ってこない 
大豆直播き (1)
 
 そして,今日。
 明日また雨が降るという天気予報に,追加蒔きをした。
 「トヨマサリ」3×20箇所 =60,「茶豆」3×30箇所=90  計150粒  2日間合計2313粒

 
ピーマンを定植した畝にも蒔いた
ピーマンの畝

 これまでに蒔いてある豆が500粒以上あるので,現在2800粒以上となった。

 枝豆は本葉が出ている
枝豆発芽 (2)

 まだ,青大豆,赤大豆,大豆(フクユタカ,トヨマサリ)を追加蒔きしていく予定。
 今年も大豆,枝豆で,肥料作りと収穫の一石二鳥をねらった作戦

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然農 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/05/08 19:00
コメント
Re: タイトルなし
> たつき さん

現在無施肥で栽培し,収穫を夏までに迎えるものは,ジャガイモ,ニンニク,大根,ソラマメ,ラッキョウ,大麦,小松菜,ミョウガ,その他といったところです。夏から秋にかけては,サツマイモ,各種豆類,里芋,ウコン,キクイモ,アピオス,ハヤトウリ,その他です。
有機肥料といえ,使えば,いろいろな虫が寄って来るように思います。使う場合も使用は最低限,できるだけ少なくを心がけています。今年は,国産の遺伝子組み換えでない油菜を圧搾製法した油粕を購入し,必要な野菜に施肥していきます。

これが自然栽培の王道ですね。私もかくありたいデス。

が、今年は慎重に、収穫の目途が立つまでは、手をかけてみようと思います。

管理者のみに表示