4/12健康野菜《キクイモ》

 健康野菜と言われミネラルやビタミンを豊富に含むものがある。その中でも,今注目されているのが,キクイモ,ヤーコン,アピオスの新イモの御三家。以前にも載せたことがあったが,そのブログがなくなってしまったので,再UP。まずは,キクイモから。

 イヌリン豊富なキクイモ
 キクイモに多く含まれるのは,イヌリンという多糖体で,血糖値を抑える効果があり,糖尿病予防に効果があると注目されている。
 戦前,戦中は,食料とされていたが,次第に見向きもされなくなっていた。その気になって見ると,畑の畔(くろ)の草むらのような所でずっと生きながらえてきたものを見つけることができる。
 ということで,栽培方法は簡単。春にタネイモを植えておけば,あとは世話をしなくても,2~3mの背丈に育ち,9月頃黄色の菊のような花をつける。11月頃,樹が枯れたあと,地中にできたイモを掘り出し収穫する。自然農というより,放置農・放任農と呼ぶにふさわしい。
キクイモの花 

 調理法
 味噌漬けがおいしい。その他,煮込み料理にも使える。カレー,シチューとか,コンニャク,肉などと一緒に醤油で煮込んでもよい。
キクイモ味噌漬け

 保存
 土の中に埋めておけば,保存ができる。写真は,昨年収穫して埋めておいたものを今日(4/12)に掘り出したところ。芽と根が出始めていた。一度作ると,あとはタネイモを残しておけば,毎年作ることができる。増えすぎてどうしようか困ってしまうほど。
キクイモ4月
スポンサーサイト
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/04/12 09:45
コメント

管理者のみに表示