緊急!台風17号の進路に!対策は?

 台風は,去年7月と9月の2回の直撃。
 今年は6月に直撃。潮風でナスとピーマンに大きな被害を受けた。
 その後,太平洋高気圧の勢力が強かったせいで,高温の日は続いたが,台風はやってこなかった。
 でも,そうは問屋が卸さないのが世の中のよう。17号の予想進路では,この地域は今のところ予想円の中央になっている。
台風17号予想進路  追加掲載
 さて,どこまで対策ができるだろうか…。


 可能な対策は

①台風が北側を通ると,潮風被害が出る。

 そ場合は:台風通過直後に,作物に水をかけ,塩分を洗い流す
  :ピーマン,ナス,ダイコン,カブ,白菜,(キャベツ)

ダイコン 
白菜

②支柱を立てる:オクラ

オクラ

③支柱の補強をする:ピーマン,ナス

ナス

④複数の株をひもで縛る:キクイモ

キクイモ

⑤ネットをかける:ハヤトウリ

ハヤトウリ 

※他にもかけたいが,かけるネットがない。

▲ウコンはどうする?

ウコン 

 ”できるところまで”になりそうだが,とりあえず,手をこまねいているわけにもいかないので,明朝より作業開始!

 ただ,祈るは進路がそれること。南へそれて太平洋上を。
 でも,北へそれたら,進路にあたる地域の方ごめんなさい。四国?近畿?北陸?

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/09/28 21:38
コメント
Re: 作業完了されましたか?
> oimohomoriさん

結局キクイモは,手に負えなくてそのままです。じつは,すでに倒れ始めていたので,台風通過後に起こすことにしました。
ピーマンとナスの補強をして,オクラは,長い支柱がなかったので,そのままです。幹が太いし,これも倒れたら起こすということにしました。
塩害は,海岸付近の畑で,台風が畑から見て陸側を通ったとき,海からの風でやられます。
6月の台風では,台風通過後,1日経たないうちにピーマンとナスの葉が黒くなって垂れ下がりゾンビのようになってしまいました。

Re: No title
> さきしなてるりんさん

そちらの地域の果物と言えばリンゴがメインかな。あの重い実が実ったところへ台風が来ると,悲劇。子どもの頃,家で梨を作っていたのですが,台風の通過で,梨畑は一面落ちた梨ばかりといったことがありました。ずっと世話をしてきて,収穫寸前にそのようなことはあまりにも悲しいですね。
棚といえば,去年は台風でハヤトウリの棚がつぶれたので,今年は背を低くし,頑丈にしました。ただ,伸びた芽がみんな上に出ているので,風で折れてしまわないか心配しています。なにはともあれ,台風が少しでも南にそれてくれるといいですね。
作業完了されましたか?
キクイモは倒れたら大変そうですね
オクラも支柱を立てるのは、まだしていません
東海地方は、塩水対策も必要なのですね。でも、千葉もそうなのかしら?
No title
大きな台風接近。こちらはいつも風被害。果物が被害を受けることが多い。わたしんちはあんまり被害なさそうだけど。もし風が来たら、棚がみんな倒れるかも。(笑)

管理者のみに表示