脱F1品種の次は自家採種増

 今年の春蒔きから,脱F1品種はほぼできそうなので,次なる課題は自家採種をいかに増やしていくか。
 しかし,これがなかなか難しそう。

 まず大根の自家採種から

 去年畑に残っていた大根から採った種は,完全に交雑したものだった。その種からできた大根は,食べるのには問題なかったが,白首,青首,薄い黄緑首,大きいもの,小さいものと多彩だった。
 
 春に花の咲くアブラナ科の野菜は多いので,交雑させないで採種するには,一工夫しないと無理。

 そこで,植え替え採種作戦でいくことにした。
 本など読んでみると,10本ほどを選び,斜めに植えて,花が咲く時期には防虫ネットか不織布をかけるとあった。

自家採種準備(大根)

 去年交雑した種からできた大根の次世代を作ってみようと,畑の邪魔にならない所に5本を植え替えた。

自家採種準備(大根継続)

 宮重(青首)も,あまり数が残っていなかったので,別の所に5本だけ植え替えた。

自家採種準備(宮重大根)

 さて,初めての試みなので,どこかにぬかりがあるかもしれないな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2013/03/02 15:14
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます