旬を食べる「ワケギ」

 「身土不二(しんどふじ)」それは,もともと”住んでいる土地の旬のものを食べることが最も身体によい”という仏教の教え。
 今の旬は何かと言えば,ネイチャーToshiでは,菜花とワケギ。

 間もなく露地で採れる野菜の切れてくる端境期(はざかいき)。その前にラストを飾ろうしているのがワケギ。

 急げ!ワケギの旬の時期は短い

 冬の間は枯れたかのように茶色の葉を見せていたワケギが,春の訪れとともにみるみる先のとがった青い葉を伸ばしてきた。

ワケギ

 しかし,のんびりしていると,球根部分がふくらんでその上のところがしおれて折れてしまう。そうなると,葉の部分は食べるには堅くなり過ぎてしまう。

 今がまさに食べ時。草の間から抜いて,きれいにそろえると真っ白な茎が姿をあらわす。

今が旬 ワケギ

 さっと湯がいて,酢味噌和えにして食べるのがベスト。

今が旬 (2)

 朝市でもアピール

 「今が旬」と菜花とワケギを前面に

今が旬 (3)

 試食もつけて

今が旬 (4)

 次なる旬は,5月まで待って,エンドウ,空豆,小松菜でスタートとなりそう。
 それまでつないでいくのは,新鮮野菜は野草で,野菜は乾燥野菜など保存したもので。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/03/15 15:07
コメント

管理者のみに表示