玉ネギ自然流栽培で3年目の挑戦

 自然農での野菜作りをめざした1年目の玉ネギは,半分は消滅し,生き残ったものも小さな球。2年目は,消滅株はなかったが,ほとんどがホーム玉ネギまでのサイズ。どちらも1回,または2回程菜種油かすを撒いている。

 この時点で,玉ネギは,自然農栽培に向いていない野菜なんだろうと判断し,もうやめようと思った。しかし,何事も3度まではやってみなければと,3年目の挑戦となった。

 1年目,2年目の玉ネギ

 1年目は,本業の片手間にやっていた野菜作りだったので,ほとんど放任状態。やせ地だった上に草に負け,半分が消滅した。
 残ったものもほとんど育たず,ワケギを少しふくらませた位の大きさだった。

2011玉ネギ

 2年目は,場所を変えてみた。草生栽培とし,玉ネギにおおいかぶさってしまわない程度に草を残し育てた。
 株の消滅はなかったが,大きさは1年目と大差なかった。

2012玉ネギ

 3年目の挑戦

 3年目は,試行のため,株数は30本程度。

 再び場所を変えた。ネギ科のノビルが自生しているゾーンへ。 
 また,玉ネギの草生栽培は無理ではないかと考え,周りに生えてくる草はむしり取るようにした。
 さらに,枯れ草マルチで,できるだけ地温を上げようと努めた。
 菜種油かすも1回株周りに撒いた。

2013玉ネギ (2)

 4月下旬,葉が倒れた。さあ,収穫!

 結果は,
 まだまだ小さいが,過去2回とは大きく違い,玉ネギと呼べるものが採れた。
 苗代だけは取り戻そうと朝市へ。

2013玉ネギ (3)

 今回の最大(といっても普通サイズ)の玉ネギは,まだ大事に畑の中に残してある。
 これを含めて,間もなく我が家の食卓に上がる予定。朝市が先になってしまった。

2013玉ネギ (1)

 まだ完全な自然農栽培ではなかったが,玉ネギだって作ることができる”との手応えを得た。
 4年目は,種蒔きからの挑戦を予定。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/04 18:06
コメント

管理者のみに表示