定植しても活着までが心配

 直播きでなく苗を育てて定植する場合の心配は,苗が上手く活着してくれるかということ。
 直播きには,気温の上昇が大事になってくる。露地栽培で,それを待っていると,時期の遅くなってしまうものが…。
 だから,育苗は必要。
 しかし,ネックは,定植した後順調に活着できるかという点。

 今年は問題が多過ぎ

 5月に入っても気温の低い日が続いたため,定植した野菜苗が今ひとつ根づいていない。
 原因は,気温が低いせいだけなのか,他に何があるのかもはっきりしない。

  
 
カボチャ
 一番目,二番目の本葉が黄色くなっている。
 低温のせい?水不足のせい?

カボチャ

 世界一トマト
 枯れてきてしまったので6本植え替えたが,その畝の続きの株が元気ない。

トマト
 
 ピーマン
 つき合いは長いのに,まだまだ性格が理解できていない。
 根本を蒸らしたせいなのかな?

ピーマン

 トウガン
 この箇所は乾燥地帯。すぐに土がパサパサ状態に。
 単純に水分不足?葉の穴はウリハムシだろう。

トウガン

 赤モウイ
 子葉,本葉の裏に,アブラムシのような虫が…。
 羽が生えているものもあり,アブラムシとはちがうような。一度排除しても再び集合してくる。

モウイ
 
 この他トウモロコシ,ズッキーニ,キュウリ,ナスと,どれをとっても元気とは言えない。

 一方,直播き組は,今週気温が上がってきて,やっと本調子になってきた。


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/15 14:41
コメント

管理者のみに表示