耕起追加 ~ゴマ,ピーマン,赤モウイで~

 サツマイモ畝予定地をを耕起したところ,地下には予想通りひどいモグラ道が走っていた。
 定植苗の活着が悪いのは,ここに一因があるのではと。

 そこで,試験的にゴマの4畝中1畝と追加のピーマン4株,赤モウイ(沖縄の瓜)5株の各箇所を耕起し,モグラ道を潰してから定植してみた。

モグラ道潰し (3) モグラ道潰し (2) モグラ道潰し (4)

 何事も確かめが肝心

 世の中,進歩の速い分野では,先人が発見・確認したことをいちいち追認していると,その分時間の無駄になる。
 でも,野菜作りでは,一歩一歩でいいのかなと思う。特に自然農では。
 土地の条件や周りの環境が異なっていることにより,これが1番という栽培方法は土地や地域によって違ってくる。
 「自然農は不耕起」といって,何が何でも不耕起にこだわっていると,今回のモグラのように被害が大きくなってくる。

モグラ道潰し (1)
 
 まずは,現状を確かめて新たな一歩ということかな。一歩下がって二歩進むといきたい。
 間違っても一歩進んで二歩下がるにならないように気をつけて。

 などと講釈を述べていたが,翌日赤モウイの畝に縦貫トンネルが!”モウー”

 トンネルを踏みつぶして,障害物を差し込んだ。

障害設置 (1)

 特に真ん中は頑丈に。

障害設置 (2)

 さてどうなるかな。 


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
不耕起・草生栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/21 15:46
コメント

管理者のみに表示