菜園伝説?”肥料を入れると害虫がやって来る”

 確かに無施肥と施肥とで比較すると,施肥した野菜には,多く害虫が寄ってくるように感じるが…。
 常にそうなのか?


 ピーマンとナスの一部に油かすを撒く

 ピーマンが大きくならない。後植えナスも心配。
 やせ地でこのまま肥料を入れなければ,収穫もままならない。

 まだまだ自然農ができる土になっていないので,作物の様子を見ながら臨機応変に対応していかなければ。
 
 現在ホオズキカメムシがわずかにやって来ているが,肥料を撒くことで増えてしまうことが心配。

ホオズキカメ (1)

 ”肥料を入れると害虫がやって来る”というのは,いつでも言えることなのか。
 それも試してみることに。

 7/20 ピーマンと後植えナスの株周りに撒いた。
 7/21 この日は,用事があって農園に行けず,観察なし

 7/22 ピーマン・ナスの株点検

 『わーっ!ホオヅキカメムシの大量発生!』

 
特にピーマンがひどい。ほとんどの株にウジャウジャ 。

 
ホオズキカメ (2)

 油かすを入れなかったナスには,多くても2匹程度。半分くらいの株はゼロ匹。
  入れたところは,ピーマンほどではないが,どの株にも増えていた。

 ただの伝説かと思ったが,やはり本当だった。

 しかし,疑問が残った。
 ずっと無施肥のゾーンにある自生えジャガイモの茎を見ると,
 ここにもホオズキカメムシの集団が!

ホオズキカメ (3)

 無施肥なのに,これはどうして?

 肥料を入れたナスと入れなかったナスについても,場所が離れており,単純に比較はできないのかも。

 まだまだ,不可解な点が残った。
  
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(1) | 2013/07/23 17:00
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
管理人の承認後に表示されます