今年の秋ジャガ大誤算

 今週水曜日(11/27)地上部が枯れてしまったので,農園のジャガイモを収穫した。
 以前載せたが,今年は気候に振り回され,発芽前に種芋をだいぶ腐らせてしまった。
 その後,補植もしたのだが…。


 日照不足では,とても…

 例年と異なる気候に対応できていなかったのが最大の敗因。
 
経験の浅さが出た。”

 11月半ばになっても,いつまでも暖かい日が続いていたので,初霜までまだ日があることを期待をしていた。
 17日でも,グランドペチカにこんなきれいな花が咲いていた。

グランドペチカの花11.17

 18日。みんな元気。

11.18

 霜が降りるようになるまで,少しでも長く陽にあたっていられたらと願っていたのだが,

 19日。自宅付近と比べ,気温が低くなる農園に初霜が。


 ジャガイモは一気にこのような姿に。

11.19

 その後は,日に日に緑が消え,ついに こんな姿に。

11.27

 27日。もう掘り出すしかなくなった。

 きれいに芽が出そろった後植えだったのに …

 浅植えで補植した箇所は,発芽は順調だったが,残念ながら植えた時期が遅かった。
 『霜来るな!霜来るな!』との願いもむなしく,秋を飛ばして,一気に冬となった今年の気候に負けた。


 アンデスレッドはこのような結果。種芋くらいの量の新ジャガが採れた程度。

種芋と新ジャガ 種芋と新ジャガ1 

 トータルで今年の秋ジャガの収穫量は,種芋の半分くらいとなってしまった。
 
残った芋を大事にして,来年増やしていかなければ…。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/11/29 16:25
コメント

管理者のみに表示