年中行事となった味噌用ダイズの脱穀

 10年以上続いている味噌用ダイズ作り。
 今日,乾燥してあった大豆を脱穀した。

 問題が一つあり。
 種を蒔く量は増やしているのに,収穫できる量が減ってきているのはどうして?

 さあ気合いを入れて準備開始

 まずは,ブルーシートを敷いて,大豆脱穀7つ道具を用意。

味噌用ダイズ脱穀 (1)

 干した大豆のを南京袋に入れて,棒でしっかりたたく。

味噌用ダイズ脱穀 (2)

 枝や殻をざっと取り除き,残りを段ボール箱にあける。

味噌用ダイズ脱穀 (3)

 箕(み)を使って残った殻やゴミを取り除いて豆だけにする。

味噌用ダイズ脱穀 (4)

 よく見ると,かなりひどい。

味噌用ダイズ脱穀 (5)

 さらに”ふるい”を使って選別したところ,味噌用の2.5kg+来年の種分でちょうどくらい。
 たくさん蒔いた割には,がっかりする収穫量だった。カメムシによる被害が大きかった。

 
自然農による栽培を始めて4年目になるが,研究不足かな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/12/02 21:50
コメント

管理者のみに表示