今年の無施肥栽培白菜

 年末の施肥白菜に続いて,今日は無施肥白菜を1個採った。
 やはり巻きは弱かったが,鍋料理に白菜として使うには十分だろう。

 今年の無施肥白菜は,やや小振り

 周りに刈草や野菜の残渣を積んだ去年のものと比べると,あまり手を掛けなかった今年のものは軽い感じ。

無施肥白菜 (1)

 家に帰って,重さを量ってみると,ちょうど2kg。
 これなら,まあまあかな。

無施肥白菜 (2)

 『手を掛けなくても無施肥で白菜ができる』が現実に可能だろうかという実験なので,来年計画している『全白菜を無施肥栽培』へ向けて,大きく前進できたように思う。

 施肥栽培は?

 施肥栽培白菜は,直播きし,本葉が出た後,油かすを一握りずつ2回株周りに撒いた。

 去年はアブラムシやヨトウムシが多く発生したので,虫を集中的に集めるため,油かすを厚めに蒔いた囮株を2個作った。

施肥白菜 (1)

 結果は,どちらにも目だって虫が寄ってこなかった。
 囮株が少し大きめに育っただけ。 

 

施肥白菜 (2)   囮用白菜

 いつまでも残暑が続いた中でも,無施肥,施肥,厚め施肥のどれも虫による被害がほとんどなかったのは,4年目で自然農に一歩近づけたのかも?

 ただ,少し遅く蒔いたものは,双葉のうちにほとんどハムシに食べられ消えてしまった。
 蕪も同じように,先に蒔いたものは育ったが,後で蒔いたものは3回蒔いて3回ともハムシに食べられた。

 ということは,運良く条件がよかっただけなのかも知れない。
 雨や暦などとの関連も分析してしてみる必要がありそうだ。 



ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/01/12 16:40
コメント

管理者のみに表示