水やりとお茶の木植樹(5/6)

 苗を植えたものは,周りに草がはえてくれば水やりは必要なくなるが,雨が降らないと最初は水やりが必要。やはり,自然農の基本は,種の直播きだな。 

 ズッキーニへ水やり 
 ダイナーとイタリアは,苗を植える頃からやや葉の色が黄色っぽくなってきていた。畑に定植してから,さらにその傾向が強くなってきている。とりあえず水をかけることにした。なかなか雨が降らないようだし,明日も水を運ぶ必要ありそうだ。写真は,定植した当時。
 イタリア

 お茶の木を植えた
 庭先に何年も植木鉢に植わったままになっていたお茶の木を「農園に植えてほしい」という。半分枯れかかっており,しかも根が植木鉢のいくつもの穴から地面にもぐっており,植木鉢を外すのに苦労した。2株あったものが,根から鉢の外に新たに株が出ており3株に増えていた。
 お茶の木もやっと足下が楽になり,すっきりしたように見える。このまま成長していってくれるかな。
お茶の木 

 畑にはテントウムシがいっぱい
 カラスノエンドウにアブラムシが集まってきている。それをえさにテントウムシがいっぱい集まってきている。去年はじっくり見る暇がなかったのでわからないが,こんな状態だったのかな?
畑のテントウムシ
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/06 15:40
コメント

管理者のみに表示