自然流で実質5年が過ぎ6年目を迎える畑

 無農薬,無施肥または油かす施肥,不耕起・草生栽培の自然流(自分で呼ぶ)野菜栽培で4年経過。
 ただし,その前1年間は,何も栽培されていなく雑草に覆われていたので,自然流農園としては5年が過ぎたことに。

 農園の様子は日々変化しているが

 生えている草はいろいろ変化している。一見肥えてきているようにも見えるのだが…
 
 去年の3月は写真のように一面緑だった箇所, 

 13年3月 

 今年はホトケノザがぎっしりの紫色に。 

農園3月 (1)

 ここで,この1年に作った作物は,無施肥で小豆→無施肥でジャガイモ(ほとんど消滅)。 

13年3月2  

 小豆の根には,根粒菌が付いており,窒素分が増えていると考えられる。

農園3月 (2) 

 『自然菜園:竹内孝功氏著』によれば,ホトケノザが生える場所は,土ステージ3の肥沃地。
 となるが,簡単には信じられないところが。

 今年のキャベツは,オオイヌノフグリやホトケノザの中に育っているのに大きくならなかった。
 表土付近は肥えているが,下の方は肥沃でないということかな。

14.3 (1) 14.3 (3)

 年ごとに比較を試みるが,気温,降水量など気象条件が変わり,作物を作っている場所や前作も違ってくるので,なかなか難しい。
 また,育ってみないと分からないことも多く,時間はかかるが,今年もいろいろ試しながらやってみたい。
 
依然 目指すは自然農栽培!

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/03/22 17:50
コメント

管理者のみに表示