小松菜トウ立ちで退場→トマトと交替

 自宅菜園でダイコンとトマトの間隙をねらった小松菜栽培だったが,元気のないままトウ立ちしたので,収穫し食卓へ。
 満を持していたトマトと即交替となった。


 やはり無理だった

 ダイコンとトマトの間に,小松菜を挟もうという試みは失敗だった。

 農園より気温が高めなので,この時期でも短期間の栽培が可能かも知れないとの思いからの挑戦だった。結果は,無駄骨といったところか。
 日照時間が足りないことが一番の原因か。

 すでに小松菜の周りには,トマト用の雨除け作りを進めている。

小松菜トウ立ち (1)

 このままではトマトに間に合わないなと思っていたところ,小松菜にトウ立ちが始まったので,これ幸いと収穫。

小松菜トウ立ち (2)

 そして,一気にトマト畑に変身。

トマト定植 (1) 

 待ちきれずにトマト定植

 菜園雑誌などには,トマトの定植は一番花が咲いた頃がよいなどと書かれているが,とてもそこまで大きく育つまで苗作りをしたことはない。

 今年は,種蒔き時期を遅らせたので,一段と小さな苗だが,待ちきれずに植えてしまった。

 世界一トマトは地上7cmくらいしかない。

トマト定植 (世界一)

 ミニトマトは10cmくらい。

トマト定植 (ミニトマト)

 気温も高くなってきたので,苗で大きくするより,早く定植した方が生長が早いだろうと定植。
 
ただ,朝晩の冷え込みだけは注意しないといけない。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
健康生活 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/24 22:38
コメント

管理者のみに表示