端境期に採れる野菜

 ダイコン,カブ,白菜,キャベツといった冬野菜や春先の菜花も終わり,畑は全くの端境期。
 毎週朝市に野菜を出していると,次第に出す物がなくなってくるのがこの時期。
 周年栽培のネギさえ,しばし休憩。

 端境期に採れる我が家の野菜は

 この時期を乗り越えるための野菜として準備したのは,玉ネギ,エンドウ,空豆,小松菜,ニラ,パセリ。

玉ネギは,無施肥・露地栽培では過去3年間成功しなかった。今年は,油粕(遺伝子組み換えのない菜種を圧搾法で絞ったもの:「赤毛のアン」の舞台であるカナダのプリンスエドワード島産)と米糠(無農薬・無化学肥料栽培の米を精米したもの:愛知県設楽町産)を使ってみた。

 5割方成功といったところ。何とか玉ネギらしいものができた。
 早速,1束200円で5束を朝市に出したところすぐに完売。

農園収穫 (玉ネギ) 

エンドウは自家採種のスナップと絹さや。絹さやは冬の間に8割方枯れてしまった。スナップエンドウは,収穫できる大きさになっている。

農園収穫間近 (エンドウ)

 少しばかり収穫して食卓へ。 ”おいしい!”

空豆も今シーズンは,自家採種をがんばった。間もなく収穫時を迎えそう。
 一番手は,赤空豆になりそう。枝豆感覚で食べられる空豆。

農園収穫間近 (赤空豆) 

小松菜も収穫時。3/19蒔きなので,1ヶ月少々。
 この時期としては早い生長にびっくり。
 しかも,自宅菜園の小松菜が失敗で,こちらが成功するとは驚きだった。

農園収穫間近 (小松菜)

 ニラとパセリは春になって出て来た新しい葉を採っている。
 
端境期対策は,去年よりは前進の模様。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/04/27 17:16
コメント

管理者のみに表示