ナメクジとの戦いに負け,腰痛でダウン

 苗作りでは,日々ナメクジの被害に悩まされている。
 夜,苗作り用の簡易ハウスを覗くと,いるいる。あちこちで大事な苗をなめまわしているではないか。
 移動したり,”水上都市”を作ったりと,いろいろ対策を練ってきたが,定植したものや自生えしてきたものは防御が難しい。
 捕獲に力を入れすぎ腰痛悪化で,ついにダウンするはめに。

 ナメクジ対策は寄せ付けないことが肝心

 簡易ハウスに入れていたもので,芽が出るとすぐに食べられてしまったものに,クロウリ,パプリカ,タカノツメ,ナタマメがあり,カボチャも結構双葉がかじられた。

 ビールの飲み残しを置くといいというので,無理して残し,仕掛けたところ,1日目0匹,2日目3匹,3日目と4日目で7匹。合計10匹捕れたが,焼け石に水。

 あの身体なので,湿り気をカットすることが一番かなと,危ないものは,夜は車庫に移動した。もちろん1鉢1鉢ナメクジが付いていないかチェックしてから。
 おかげで,蒔き直したクロウリやスイカなどの苗が確保できそう。

クロウリ

 もう1つは”水上都市”

 発泡スチロールに水を入れ,その中に植木鉢で柱を4本立て,その上に苗かごを置くようにした。水掘りに囲まれた要塞みたいに。
 これならナメクジもやって来られまい。

水上都市

 それでも,1日目3匹,2日目2匹,3日目1匹発見。
 以後はいなくなった。
 たぶんポットの中に入り込んでいたものが出てきたと思われる。

 この方法で,蒔き直しのタカノツメが無事発芽。数少ないズッキーニのフライングソーサーも護ることができた。

タカノツメ

 問題は地面に植えてあるもの

 菜園に植えたナタマメ2株と自生えしてきたハヤトウリの若芽が毎夜ナメクジの脅威にさらされている。
 5/6やっと発芽が確認できたハヤトウリ。夜見に行くと,ナメクジが2匹なめ回している最中。周りに何匹ものナメクジが…。

ハヤトウリ5.9

ナタマメも同じようにやられている。

ナタマメ

 何か対策は?ということで,
①植木鉢をかぶせる。→穴をふさいで使ったのに,中に入り込んでいた。やり直してみたが変わらず。失敗。
②塩を周りに輪のように振りかけた。多すぎると野菜に悪いと遠慮気味に。→平気で入り込んできた。失敗。
③塩気や臭いで寄りつかないのではと,沢庵を漬けた糠や大根の葉で周りに囲んだ。→湿り気があったのでかえって集まってきた。塩気も効果無い模様。失敗
④乾燥地帯を作るために有機石灰を撒いてみた。たまに平気ではってくるものもあったが,思ったほどは来ない。観察中。
 
 元々はハヤトウリを護りたいため

 植木鉢の緑ハヤトウリがナメクジにやられてしまった。(種が傷んでいたこともあって)

ハヤトウリ植木鉢 

 なんとしても発芽してきた芽を護らねばと対策を試しながら,夜の巡回を始めた。
 夜露の多い日には,この背丈ほどのレモンの木に,周辺も含めると74匹のナメクジが這い上がっていた。

レモンの木 (2) レモンの木 (1)

 キャベツを見ると,さらに輪を掛けた数のナメクジが…。

 2日連続の深夜入浴後の腰をかがめての捕獲作業のせいで,腰痛が悪化。
 本日作業に出かけられず。ナメクジに負けた!

 しかし,このハヤトウリだけは,護らなければ。早く大きくなってくれ!

ハヤトウリ5.10

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/10 12:36
コメント

管理者のみに表示