今年はカメムシ大発生という話が

 毎年,有効なカメムシ対策法がなく,敗退ばかりしている。
 そして,今年は”大発生の兆し”などという聴きたくない話が耳に入ってきた。

 カメムシにもいろいろな種類が


 小豆,大豆にホソヘリカメムシ,アオクサカメムシ。ピーマン,ナスにはホオズキカメムシ。ゴマには,アオクサ。他にもオレンジと黒の派手な模様のものやお尻が丸くってぎざぎざがあるものなど色々。

 ホソヘリに対しては,昨年からえさになる大豆等の実りがつながらないように種類を選んで蒔くようにした。効果は出ている模様。
 ナスなどの葉の裏に灰を掛けるなどもやってみたが,効果ははっきりせず,まだ有効な手立てがない状態。ひたすら手で潰すのみ。

 サツマイモのツルの中では

 サツマイモの周りの草を刈っていると,ホオズキカメムシが出てくる。

ホオヅキカメムシ (2)

 成虫が1匹見つかれば,必ずと言っていいほどもう1匹いる。カップルで増殖中だ。

ホオヅキカメムシ (1) ホオヅキカメムシ (3)

 ピーマンでもよく見つかるカメムシだが,成虫2匹を見つけたら葉の裏を総点検。
 かなりの確率で,きれいに並んだ卵が発見される。

カメムシの卵 (1)

 金色の見事な卵。

カメムシの卵 (2)

 手遅れになると成虫タイプがウジャウジャに。
 たいへんな作業だが,一株一株点検し,早めの対処が大事。
 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/07/08 16:18
コメント
Re: タイトルなし
> さきしなのてるりん さん

うちの場合,ニジュウヤホシはジャガイモにはほとんど来ないが,ナスにやって来る。こまめに潰しているので,被害はあまりないけれど。
やはり,なんと言ってもカメムシです。今日も農園のトマトとミニトマトを見たら,アオクサカメがいっぱい。大玉トマトがずいぶんひどいことになっていた。
自宅菜園のトマトにはカメさんはやってこないので,そちらが主で,農園は余った苗を植えているんだけれど,5年連続の敗退のようです。
成虫で越冬するので,えさとなる植物があるうちは,絶えないのだろうな。



亀さんはダイコンによく見つけます。ほかのところはポチポチ。うちの畑ではないけれど赤黒のストライプタイプは人参の葉に多く見つけられました。うちの被害はニジュウヤホシにジャガイモ、カメムシにダイコン、こうせき瓜に瓜ハムシ。そんなとこだねぇ。

管理者のみに表示