虫に負けるな菜園ダイコン

 農園への9月種蒔き・定植予定分が,今日のニンニク,ジャンボニンニク,ラッキョウの続きと芽ニンニクで完了した。
 8月末に蒔いたダイコンは,間引きも1回行い,土寄せをした。

 自宅菜園のダイコンは

 9月7日に種蒔き。
 17日に間引き,土寄せ。

 菜園は,農園と違って湿り気のある土。ダイコンには向いていると思われるが,葉を襲う虫も色々出そうな環境。

菜園のダイコン (6)

 葉が,やや虫にかじられている。

菜園のダイコン2

 本日(9/24)しっかり観察。

 何しろヤブ蚊がワーワーに集まってくるので,普段は覗いても,あまり時間を掛けられない。
 
 さっと見ても見つかるのが,ダイコンサルハムシ。見つかる中では一番多い。
 
菜園のダイコン

 ヒメナガカメも見つかったが,今回は2匹のみ。

菜園のダイコン (2)

 葉にちょっと大きめな糞が着いている。これは何かの幼虫がいる証拠。

菜園のダイコン (5)

 この葉では見つからなかったが,ハスモンヨトウが3匹か見つかった。
 この糞は,たぶんハスモンヨトウ。
 丁寧に探せば,まだまだいると思われる。

菜園のダイコン (3)

 思ったほど虫は多くなかったが,ダイコンサルハムシを増やさないようにすること。それから,ハスモンヨトウをしっかり捕っていくことが大事か。
 
 
早く大きくなれば,多少の虫には負けないので,それにも期待。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/09/24 17:43
コメント
Re: タイトルなし
> さきしなのてるりん さん

早蒔きしないことが第1でしょう。次は,種を多めに蒔く。最後は,手で捕る。ダイコンと白菜は,これで毎年ほぼうまくいっています。
それでも食べられてしまったところは,補蒔きします。ただし,去年一箇所の蕪は,2回まき直し,計3回蒔いたのだけれど,常に子葉のうちに食べられ,消えてしまったので,その箇所はあきらめました。ハムシの住みかだったのかな。そのような時は,空いているところがあれば,場所を変えてしつこく挑戦します。
ハムシの予防は網がダメならどうします?

管理者のみに表示