自然農初心者の失敗~検証その1~(5/15)

 農園に蒔いた枝豆の種。芽の出たものもあれば,出なかったものもある。原因を調べてみないとまた同じ失敗を繰り返してしまう。

 芽はなぜ出なかったのか
 家庭菜園にも蒔いたので,比べながら考えてみた。
 ①家庭菜園の枝豆は,湿り気の多い場所で,鳥よけの草をかけておくとかなり湿った状態。子葉になる前のおいしいところをムシにかじられている。発芽率は,約80%。
 ②農園の枝豆は,かじられたような跡はないが,2粒蒔いて1本出ているところが多い。発芽率は60%くらい。
 1種類の枝豆は,1袋蒔いて,出た芽はたった1本だけ。掘ってみると腐っているものが見つかった。
 ③農園の枝豆の隣の落花生も多くが腐ってしまっている。
種まき 農園の枝豆 (3)
 結局原因は?
 2年前までは,慣行農法でダイズを作っていたが,発芽率はほぼ100%だったことから原因を考えるに
 ①一番は,「湿り気による腐り」とみた。農園は,畝を作っていないので,2年前までの畝ありの作り方と比べ,土の湿り気が大きく違っていた。掘ってみたとき,押さえた土は粘りけがあるほど水分を含んでいた。
 ②1種類については,種が悪かったのではないか?他の2種類と同じように蒔いたのに,芽が出たのが1本のみというのは,やはりそれしか考えられない。種類が違えば,性格も違うこともあるだろうが,同じ早生の枝豆なので種のせいではと…。 
自然農法 畝ありの慣行農法  
 6月に,毎年栽培を続けている自家採種のダイズを蒔くので,この時確かめてみようと思う。
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/15 22:00
コメント

管理者のみに表示