自然に勝てない自然農見習い(5/22)

  前日の天気予報では,今日は雨のはずだったが,朝から太陽が照りつけている。どうなっているのと朝刊の天気欄を見ると,曇りに変わっていた。「今日も水運びか」とブログを打ち始めていたら,次第に辺りが暗くなってきた。もしかしたら…。

 お天気に痛みつけられる時もあれば,助けられる時も 
 昨日は,1日中地域のボランティアがあり,農園に行けなかった。野菜苗達への給水を心配していたが,共同経営者のおかげで何とかでき,ほっと一息。
 今日は期待していた雨がなくなり,ここでもう1回給水をがんばらなければと,農園へ行く心の準備に入った。
 午後には,今日も地域でのボランティア活動が控えている。活動自体は1時間程度だが,農園の仕事をしようとしても時間を気にしながらとなり,連続した作業ができなくなってしまう。
 雨が降ると,農園への給水は必要なくなり,地域でのボランティア活動も中止になる。そうはうまくいかないのが世の中かな。
 「えっ!雨!降ってきたぞー!」
黒雲
 
 雨が降り始め,事態は急展開
 ネットのピンポイント天気予報では,雨の予報が出ていたので,期待はしていたが。
 「来た!来た!」11時頃からぽつぽつと落ちてきた。まだにわか雨程度の降りだったので,どうかなと思って,時々外の様子をうかがっていた。それでも量的には,農園の給水は,もう必要ないほどとなった。
 そこに電話!さらに朗報。午後の地域でのボランティア活動は中止。
 よしっ!雨のやみ間がありそうなら,苗植え・種まきに出かけるぞ。
 今日がダメでも,明日は夕方まで曇り,その後雨の予報。そして,金曜日からは再び雨。
 苗の植え時,種のまき時かな。
 苗も1日半で,急に大きくなったような。(昨日掲載の写真は,20日夜撮影)
 オクラとピーマン
 オクラ ピーマン  
 ゴマと落花生
ゴマ 落花生  
 
そう言えば,昨日お手伝いに行った地元小学校の運動会は,快晴に恵まれたが,今週の土曜日に予定している小学校は,雨の予報となっており,明暗を分けそうだ。世の中,こうしたことはよくある。自然農見習いだけでなく,自然にはまだまだ勝てないことが多い。
 ただし,予報は変わることがあるのも常。
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/22 15:45
コメント

管理者のみに表示