ゴマの虫捕り 捕っても捕っても湧き出てくる

 21日ぶりのまとまった雨で農園への水運びも一休み。
 代わって作業の主役は虫捕り。

 ゴマの大敵


 ゴマとオクラは妻担当だが,お盆の客(客と言っても息子たち家族)迎えで家を離れられないので,代わってオクラの収穫とゴマの虫捕り作業のため農園に向かった。

 オクラは収穫が遅れると,生長し過ぎ,堅くなって種用にするしか無くなるので,毎日収穫しなければならない。

 オクラの収穫後,ハマキムシも見なければと思ったが,ゴマが優先というので,ゴマに来ている虫を見ることに。

ゴマ (1)

 まだ花も咲いているが,下の方からは,さやが割れ始めてきている。収穫時期も近そう。

ゴマ (3)

 その大事な時期に集まってくるのは,強敵カメムシ。
 アオクサカメムシだ。

 〔写真はアオクサカメムシの青少年期かな〕
ゴマ (2)

 穴を開けて,まだ柔らかいゴマの実を吸ってしまう。

ゴマ (4)

 (この穴は,また別のムシかも)

 2番手にやっかいなのは,イモムシ。
 スズメガの幼虫だ。

ゴマ (6)

 ちょっと油断をしていると,葉が1枚も無くなっている。

ゴマ (5)

 1株1株丁寧に見ていく。

 虫を敵としないなどと言っていると,まともなゴマは収穫できないので,見つけたカメムシは,手袋をはめた指でつまんで潰していく。

 すぐに逃げようとするカメムシとの戦いは,なかなか時間がかかる。
 ”最後の1匹まで” そこまで執念深く潰しはしない。隠れていて見つからなかったものは,生き残っていく。
 
 ただし,まだ次回が…。


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/08/15 16:06
コメント

管理者のみに表示