初めてのケルン といってもドイツの都市でなく野菜

 ケルンを乾燥させた山クラゲというのは食べたことがあるが,今回自分で栽培し,食べたのは茎レタスといわれるもの。

 今年の初めての野菜「ケルン」

 初めて作る野菜なので,収穫時がよく分からない。

ケルン (1)

 草丈25~30cmといわれても,どこからどこまでのことか?

 そろそろかなと,一番大きなものを収穫。

ケルン (2)

 堅そうな下の方の葉は取った。

ケルン (3)

 早速,夕食のおかずとして試食。
 簡単にできて,味が分かりやすい品3種で。

○サラダ
ケルン〈サラダ生〉

 玉レタスと比べると,ちょっとかたい感じはするがレタスだ。茎もしゃきしゃきしてOK。

○おひたし
ケルン調理例 (おひたし)

 特に問題なし。茎もおいしい。

○油炒め(醤油味)
ケルン調理例 (炒め物)

 色も緑が消えず,茎はやはりしゃきしゃきしていて,甘みもある。

 
確かに茎レタスの呼び名はぴったり。
 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/05/26 16:03
コメント

管理者のみに表示