ズッキーニ あと少し6.1 

 今日は,午前中に雨が来そうな予報。早めに農園に向かった。畑を眺めると,黄色いものが点々と見える。ズッキーニの花だ。
       ズッキーニ6 (2)


 まだ雌花はゼロ
 ズッキーニは,今年3種類を栽培しているが,どの種類も花が咲き始めた。
 畑に入って,全部見て回ったが,雌花は1つもなかった。みんな雄花だった。
ズッキーニ6 (1)

 この後,次は,一斉に雌花ばかりが咲くというのがいつものパターン。”人工受粉したくても雄花がない”という場面もあり,そんな時は,近くに普通のカボチャの雄花があれば,その花粉をつけてしまうことも。それでも,ちゃんとできる。
 今年は,オーラムや,イタリアはたくさん株があるので,困らないと思うが…。問題は,雌花がどれだけ咲くか,どの株も大きくなるかということ。
連作実験用

 将来に備えて畝立て
 全く畝が無いと,作物の種類によっては問題も生じてくる。そこで,今空いている所は,畝を作っておくことにした。自然農では,不耕起が原則なので,畝は一度作れば,それをずっと使っていくことになる。一部には,黒豆が蒔いてあり,全て空いているというわけでもないので,そこに土をかぶせないように作業を進めた。
畝立て2011 (2)

 細かい雨が降ってきた中,30cm程とった通路部分の土を90cm程の畝の部分に上げ,簡易畝といえるものを作っていった。途中で,雨が大粒になってきたので撤収。
畝立て2011 (1)
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/01 12:30
コメント

管理者のみに表示