自然農の壁と食害,病気!6.5

  ズッキーニに間もなく雌花が咲こうとしているが,やや曲がっている形や花弁の堅そうなのが気になる。肥料不足の兆候かも。ズッキーニ 雌花のつぼみ

 ズッキーニに難敵3つ
 ①肥料不足の兆候  
 肥料不足の所は去年の夏から秋には,一面にエノコログサが生えていた場所だ普通なら,「枯れた草におおわれ,草が生えなくていいね」となるのだが,ここに植えたズッキーニは育ってこない。草も生えないほどやせているということか。油かすを撒く程度では,無理だろうな。
 肥料作りを兼ねて,昨年自家採種した青豆を蒔いてみた。順調に発芽している。豆の窒素固定の効果には期待をしているが,とても足りない気がする。
草もない

 ②ウリハムシによる食害
 ウリハムシの攻撃は,いっこうにやまない。暖かくなったせいか逃げ足も速くなった。大きな葉が食べられてもだいぶ残るが,中心の若芽を食べられると終わってしまう。この段階では,脇芽は出てこないだろう。2株が終わってしまった。
ズッキーニ 芽なし

 ③病気
 予期しない病気が2株に出た。葉が縮れている。以前同様な病気が出たことがあったが,連作障害のためと思っていた。農園での野菜作りは,去年の試験栽培が初めてで,この場所ではウリ科のものは作っていない。1株は,去年全く何も栽培してない草が生えるままになっていた所なのに。ウ~ン,連作障害ではなかったのか。
ズッキーニ 病気

 
ウリハムシに2株,病気で2株,現在までに「-4株」。今後この数字は,増えていきそうだ。
スポンサーサイト
自然農 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/05 18:00
コメント

管理者のみに表示