自然農土作りは一歩一歩6.6

 今日は,一度は行ってみたかったサクランボ狩りへ。その前に自然農の無施肥は一朝一夕には難しいことについて,対応について考えてみた。

 自然農の無施肥は難しい
 「無施肥」の解釈だが,刈った草を置くは当然OK。落ち葉を置くもOK。米ぬかを撒くは?油かすを撒くは?どちらも植物から食用部分を取ったものと見れば,OKの内?
 今年は,油かすと有機石灰,さらに発酵鶏糞を一部に使用した。有機石灰は,タマネギ,ニンニクが育たなかったことから。発酵鶏糞は,トウモロコシとズッキーニの一部に比較実験のために使用した。
 有機農法区画と自然農法区画にはっきり分けるのがよいのかとも考えている。そして,自然農法区画で自然農に合っている作物の栽培をし,難しいものは自然農風有機栽培とするという案。
農園全景

 無施肥実験は継続
 豆類による空中窒素固定は,肥料づくりにどの程度効果があるかの実験は,豆の収穫との一石二鳥を狙いながら続けていく。これまで,ズッキーニの横に茶豆,青豆。ソラマメを作った横にズッキーニ。畑の痩せているところにダイズ,黒豆と蒔いてきた。自家採取したダイズを播種し,その発芽がうまくいけば,今後,さらにダイズを蒔いてみようと考えている。
 そのダイズが,芽を出し始めた。
ダイズ

 黒豆はまだかな?と思い,ちょっと掘ってみた。「出ている,出ている」また元のように土を戻しておいた。
黒豆 
      
自然農の優等生,期待していますよ!
スポンサーサイト
自然農 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/06/06 07:00
コメント
Re: タイトルなし
 コメントに1ヶ月以上気づかずにいました。コメントが入っていることがまれなので,普段から意識していませんでした。めえさん,たいへん失礼しました。
 大豆ですが,今年も無施肥栽培です。黒豆もです。むしろ,ここで作られる窒素肥料を他の野菜栽培に利用する作戦です。
はじめまして。豆の栽培には、どんな肥料を使われますか?

私は、去年、無肥料で作りましたが、今年はどうしようかなと考えて
います。


肥料は自家製米ぬかぼかしです。


きょう、黒豆、大豆を蒔きます。

管理者のみに表示