これまで不明だったプランターに生えた木の正体が判明

 プランターの中で,去年あたりから次第に大きくなってきた木があった。
 
〔写真は今年のもの〕
プランターに実のなる木が (1)

 秋には紅葉して葉が落ちた。
 葉の形を頼りに,図鑑やネットで調べたが,何の木か分からなかった。

 このプランターには,食べた果物の種を,その都度適当に埋めていたので,その1つかとも思ったがよく分からなかった。

 
何の木か分からなかった木に,今年実がなった

プランターに実のなる木が (5)

 初めは緑の小さな実がついた。
 花を見た覚えがなかったので,”これがつぼみ?”と…

 少し大きくなって,赤っぽくなってきた。
 どう見ても実だ。

赤い実

 最後は黒っぽい色になった。

プランターに実のなる木が (6)

プランターに実のなる木が (3)

 この実をもとに図鑑で調べたところ,『イヌビワ』と判明!

 今まで知らなかった木だった。

 毒のある実ではないと分かったので,安心して1つ食べてることに。

 中はイチジクのようだ。

プランターに実のなる木が (4)

 ほのかに甘さのある小さなイチジクといった感じ。

 我が家では蒔いた覚えがないので,鳥が勝手に蒔いたものと推定される。
 ちなみに,離れた所にあるプランターにも1本生えている。
 さらに,近所にある工場の隅にも、同じ葉の木があることが最近になって分かった。

 鳥さんからのプレゼントのようだが,大喜びというほどのものではないな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
スポンサーサイト
果樹 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/21 15:07
コメント

管理者のみに表示