自宅菜園から2つの野菜収穫[ミニトマト,枝豆]

 先日色づき始めていたミニトマトを昨日収穫。
 つづいて,本日枝豆も少しだけ


 真っ赤になったトマトは見るからにおいしそう

 6/27わずかに色がつき出していたミニトマト。

6・27

 7/1お昼に冷やし中華を作るということで,赤くなったものを採りに,

ミニトマト (7・1)

ミニトマト (3)

 赤くなっていた2株から,2個ずつ収穫し4個。

ミニトマト (1)

 おいしくいただきました。

 枝豆は ほんの少しばかり

 枝豆は,1回目の種蒔きではほとんど発芽せず,生長したのは1株のみ。
 現在は,その後蒔き直したものが順調に育っているが,収穫までにはもう少し。

 1回目の1株だけを収穫することに。

IMG_0755.jpg

 これは,今日の夕食のテーブルに!

枝豆 (1)

 
採れたての新鮮でおいしい野菜を食べられるというのは,自分で野菜を作っている人に共通する喜びですね。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/07/02 17:26

ある日突然色が着き始めるトマト

 今日はどうかなと,起きると一番に見に行ってしまう自宅菜園のトマト。
 昨日まで緑色をしていたトマトの実に,ある朝急にほのかな朱色がさしてくる。


 毎年この瞬間がうれしい
 
 次第に実が大きくなって,表面につやと張りがあらわれてくる。
 ”もう少しで,色が来るな”

 この辺りから,今日はどうかなと毎朝期待して見に行く。

 1番の候補は,手前にあるミニトマト。

ミニトマト (1)

 「まだみたいだな。」

 一応,奥の方も覗いてみるかなと…
 「おっ,色がついている!」

ミニトマト (2)

 見落とすところだった。大フェイントだ。

 あらら,2番手も。

ミニトマト (3)

 大玉トマトや中玉トマトは,まだまだだけれど,

大玉トマト

中玉トマト (2)

 ここからは,トマトが順次赤くなっていく。

 今のところ病気も虫の被害もないので期待したいが,実ってきてからがどうなるかな。
 まだまだ、安心はできない。



ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/06/27 15:40

雨降って夏秋野菜最後の植え付け・種蒔き

 待ちに待った雨の到来で,最後に残っていたサツマイモのツルさしと大豆の種蒔きなどを終えるた。

 何とか野菜の株が枯れる前にやって来た雨

 6/21 降るとなると激しく降る雨。
 しかし,野菜たちには,恵みの雨どころではなく,命をつなぐ雨となった。

キュウリ

 前日,雨の予報に,急いで,サツマイモのツルさし。

サツマイモ (1)

 タイミングはベストだった。

サツマイモ (2)

 21日は,雨のやんだ午後から大豆の種蒔き。
 赤大豆,味噌作り用の黄大豆(フクユタカ),黒大豆の3種類。

 畝の草を刈り,35cm~40cm間隔に移植ゴテで軽く穴を掘り,種を3粒ずつ置いていく。

大豆蒔き (1)

 土をかぶせて押さえ,その上に鳥よけのために,刈った草を軽く掛けておく。

大豆蒔き (2)

 21日~24日の足かけ4日間で,予定していた箇所の種蒔きが完了!

大豆蒔き (3)

 24日のタカノツメ,黄色パプリカとスイカの苗の補植で,今季の夏秋野菜の定植・種蒔きは全て終えることができた。
 やっと一段落。
 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/24 18:38

1年たってもカリカリのラッキョウ漬け

 今年もラッキョウを漬ける時期が来た。
 特に食べたいわけではないが,毎年漬けている。

 去年漬けたラッキョウが1年たってもカリカリ

 ラッキョウは漬け方によって,柔らかになるものといつまでもカリカリなものがあるようだ。

 これが1年前に漬けて,常温で保存してきたもの。

ラッキョウ漬け (2)

 最初の1個を食べてみた。

ラッキョウ漬け (3)

 やはり,いまだにカリカリだ。
 1年たってもというより,つい先日までもう1年前に漬けたもの食べていたが,それもカリカリだった。”2年たってもカリカリ”

 ラッキョウ漬けは結構な作業量

 今年もカリカリになるものを漬けることに。

 たくさん植えたつもりが,収穫量は少ない。

ラッキョウ

 その中から朝市用を選別し,残りの小さなものが,我が家のラッキョウ漬けになる。

 根と葉をカットして,洗って,薄皮を取る。

ラッキョウ漬け (1)

 煮立てた塩水に1晩つける。

ラッキョウ漬け (4)

 漬け汁を作り,煮立ててさましておく。
 ラッキョウは,水気を切って,上下をカット。
 それを漬け汁と一緒に容器に入れて作業終了。
 (作業に集中し,途中の写真は取り忘れ。)

2017.jpg

 出来上がった量が少なかった割に,作業量は多かった。
 疲れた!

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/19 16:18

雨は降らないが、トマトに雨よけ

 梅雨入りとは名ばかり。毎日カラカラ天気が続き,農園の野菜たちは青息吐息。

 自宅菜園のトマトの雨よけ。
 フレームは設置してあったが,ビニル張りは待ち状態。

トマト2017 (3)
 
 トマトの実が大きくなってきたので 

 我が家のトマトも、実がトマトらしくなってきた。

 
ミニトマト
トマト2017 (1)

 
大玉の「世界一トマト」 こちらは、まだまだ小さい。
トマト2017 (2)

 雨は降らないが,時間があったので,この機に雨よけビニルを張っておくことにした。

 ビニルを張るだけなので,あっという間に出来上がり。

トマト2017 (5)

 写真左は、1枚新調、1,490円也。 後は雨を待つばかり。

トマト2017 (4)

 自宅菜園は用水が使えるので,とりあえず,乾燥した株元に水掛けをしておいた。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/14 17:30

茎レタス(ケルン)初収穫

 アップが遅れたけれど,6/7(木)に茎レタスの収穫をした。

 今年はちょっと小振り

 なかなか暖かくならず,雨も降らなかったせいか,時期が来ても大きくなっていない。

ケルン初収穫 (1)

 でも,採り時かなと初収穫。

ケルン初収穫 (5)

 18本採って,16本は朝市へ。今季新登場。

ケルン初収穫 (4)

 1本は,我が家で試食。

ケルン初収穫 (2)

 茎はコリコリしていて,なのにレタスの味もする。
 葉もサッと湯通ししていただく。

 朝市の試食用も,当日の朝用意。

ケルン初収穫 (3)

 珍しさもあって,完売。
 ご購入いただいた方々,ありがとうございました。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/11 17:24

ジャンボニンニク収穫

 そろそろかなとジャンボニンニクを掘ってみた。
 今年はたくさん作った割には,思うようには育っていないような…

 自生え組をを掘り出してみた

 まだ早いかなと思われたので,自生えした箇所を掘ってみた。

 これが最大。

ジャンボニンニク (1)

 手に持ってみると,十分大きい。

ジャンボニンニク (3)

 全体としては,このような具合。やや小さめ。

ジャンボニンニク (2)

 自生え組の方が出来がよさそうで,栽培組はちょっと期待できないかな。
 来週から掘り出していく予定だが,ジャンボらしさがあまりないかも…。

 原因は,土のPH?それとも気温?降水量?肥料分?
 それぞれの箇所の出来具合を比べて,来季の栽培の参考にしていきたい。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/03 22:34

大豆栽培に新ほ場 ジャガイモで施肥,無施肥実験中

 毎年,大豆はカメムシの被害がひどい。
 今年は,大豆栽培用に新た畑が借りられることになった。
 地中の養分の様子を調べるために,ジャガイモでを育て中。

 借りた土地の履歴は

 この土地は,以前何年か牧草を作っていたが,傾いており,下側に水がつきやすいため栽培をあきらめ,草が生えるたびにトラクターでかき回していたところ。
 この上部を借りることに。
 〔写真手前がジャガイモでの実験中畝〕
施肥、無施肥実験場3 (1)

 草の様子からかなりの痩せ地のようだ。
 大豆栽培なので無施肥でよいと思うが,丹波の黒大豆も蒔く予定なので,こちらは無施肥では難しいかなと。

 そこで,ジャガイモで施肥,無施肥比較実験

 大豆を蒔く前に結果が出る作物として,ジャガイモでの施肥,無施肥比較実験をしてみることに。

 現在の様子(各5株程度)
 ①無施肥
  北端と南端
施肥、無施肥実験場3 (無施肥北)

施肥、無施肥実験場3 (無施肥南)

 ②施肥A
  畝の上から油粕を撒いた
施肥、無施肥実験場3 (3施肥撒き

 ③施肥B
 種芋と種芋の間に油粕を一握り置いた(地中に)
施肥、無施肥実験場3 (施肥北)

施肥、無施肥実験場3 (5施肥南

 生長途中だが,③は早くから大きくなっていたが,①と②の差があまりないことから,地中の肥料分はかなりなさそうに思える。微生物もあまり生息していないのだろうな。

 収穫まで見届けてから決めるけれど,黒大豆には多少の施肥が必要かな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/05/30 17:45

今年のツタンカーメンのエンドウは濃い色

 ツタンカーメンのエンドウは,種採りを繰り返している内に,交雑によると思われるが,次第に緑っぽくなっていた。
 そこで,今年は,種を新しく購入した。

 新しい種はやはり違う

 サヤの色も濃い 。

2017ツタン (1)

 豆の張りもよい。

2017ツタン (2)

 豆ご飯に炊いても,

tutan1.jpeg

 炊きたての緑から,

tutan2.jpeg

 半日後の色も

ツタンカーメン (1)

 赤色が濃い。

 今年は,近くに他の種類のエンドウはないので,まともな種が採取できるかな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/05/27 17:15

やっとズッキーニ開花・交配

 年と比べ,遅れること10日ほどだが,やっとズッキーニの開花が…

 遅ればせながら

 まだまだ株は小さいが,ズッキーニの開花が始まった。

ズッキーニ開花

 今年は,雄花と雌花がほぼ同時に。

ズッキーニの開花 (1)

ズッキーニの開花 (2)

 早速交配。

ズッキーニ雌花 (2)

 とは言っても,雌花開花1号は,午前に農園に来られず,逃がしてしまった。

 これからは,毎日朝の交配作業が続いていく。

ズッキーニ雌花 (1)

直播きしたものも、順調に発芽中。

再蒔き


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
野菜作り | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/05/25 23:03
« Prev | HOME | Next »