世界一トマト完熟収穫第1号

 待望の大玉「世界一トマト」の完熟したものを収穫。
 ちょっと虫に吸われた物など先に熟したが,無傷の完熟は初。

 続々完熟の模様

 虫にやられず,鳥につつかれず,病気にもならずに完熟大玉トマトができるかなと心配してきたが,ついに第1号の収穫となった。

世界一トマト完熟 (1)

 2つ持っているうちの1つは,ヘタの方に大きなひび割れ。
 大玉トマトと言うにはちょっと小さいが,とにかく無傷でここまで来たことに感動。

世界一トマト完熟 (2)

 梅雨も明けて,猛暑の続く中,次々と実が赤みを帯びてきているので,期待できそう。

 ただし,油断大敵。

 こんな方が無断でかじっていたり,

世界一トマト完熟 (4)

 猛暑で表面が焼けてしまったり,

世界一トマト完熟 (3)

 なかなか一筋縄でないかないのが,自然流(自然農一歩手前)。
 観察→対処が大事!

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(2) | トラックバック(1) | 2013/07/14 21:50

直播き夏野菜中間結果

 自然農をめざす手前,本来,種は全て直播きといきたいところなのだが,なかなかそうもいかない。温度,水,虫食い等の管理を思うと育苗する方が容易。
 それでも,今年は初めてのオカノリ,アマランサス,ズッキーニ,オクラ,キュウリを加え,17種類の夏野菜を直播きしてみた。

 直播き組のここまでの様子

①オカノリ◎
 今年初作だったが,遅霜にもめげずに育ち,只今収穫中。

オカノリ 

②枝豆(茶豆も含む)△
 4月~5月初旬蒔きは,8割以上虫や野ネズミ(たぶん)にやられ,消えた。雨が降らなかったり,気温の低い日が続いたりしたためだろう。
 5月下旬蒔きは,何とか生長中。

枝豆 

③いろこい菜×

 初作。一向に大きくなってこなく,わずかな株が残っているのみ。

いろこい菜 

④アマランサス◎
 初作。発芽からずっと好調。実は小さいため,収穫後どのように選別するかはまだ考えていない。とりあえず作ってみようと始めた。

アマランサス 

⑤人参◎
 2年前失敗後,もうやめようと思ったが,あえて挑戦。
 今回は,発芽もうまくいき,2回の間引きも終わり,今のところ何も問題なし。
 2年前がいい加減だったのかな。

人参 

⑥オクラ△
 直根性なので,本来直播きがよいのだが,虫による被害等を考えて育苗してきた。
 1畝直播きしてみたが,発芽5割(1箇所に2粒蒔いて1粒の発芽),生長順調は6割,生長悪いのが2割といった感じ。これなら,少し改善すれば,来年は直播きでいけそう。

オクラ 

⑦ズッキーニ○
 昨年自家採種したものを蒔いてみた。試しに5粒蒔いて,4粒発芽した。
 この結果から,さらに追加蒔き中。

ズッキーニ 

⑧小豆◎
 第1陣は,モグラの土起こし攻撃にあい,発芽がしたものが少なかったと思われたので,隣に蒔き直した。
 結果,初め蒔いたものもその後発芽し,多くなって生長中。

小豆 

⑨エビスグサ○
 去年の種からの自生えもあるが,不足分を直播きした。発芽も順調で,そろってきた。

エビスグサ 

⑩その他
 ・小松菜△,夏大根○,トウモロコシ○,オカヒジキ×(種が死んでいるのでは?発芽試験でも,種苗店のアドバイス通りの蒔き方でも発芽はゼロ)
 ・キュウリ,大豆,黒大豆,赤大豆は,まだ発芽前。


ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/06/18 18:18

玉ネギ自然流栽培で3年目の挑戦

 自然農での野菜作りをめざした1年目の玉ネギは,半分は消滅し,生き残ったものも小さな球。2年目は,消滅株はなかったが,ほとんどがホーム玉ネギまでのサイズ。どちらも1回,または2回程菜種油かすを撒いている。

 この時点で,玉ネギは,自然農栽培に向いていない野菜なんだろうと判断し,もうやめようと思った。しかし,何事も3度まではやってみなければと,3年目の挑戦となった。

 1年目,2年目の玉ネギ

 1年目は,本業の片手間にやっていた野菜作りだったので,ほとんど放任状態。やせ地だった上に草に負け,半分が消滅した。
 残ったものもほとんど育たず,ワケギを少しふくらませた位の大きさだった。

2011玉ネギ

 2年目は,場所を変えてみた。草生栽培とし,玉ネギにおおいかぶさってしまわない程度に草を残し育てた。
 株の消滅はなかったが,大きさは1年目と大差なかった。

2012玉ネギ

 3年目の挑戦

 3年目は,試行のため,株数は30本程度。

 再び場所を変えた。ネギ科のノビルが自生しているゾーンへ。 
 また,玉ネギの草生栽培は無理ではないかと考え,周りに生えてくる草はむしり取るようにした。
 さらに,枯れ草マルチで,できるだけ地温を上げようと努めた。
 菜種油かすも1回株周りに撒いた。

2013玉ネギ (2)

 4月下旬,葉が倒れた。さあ,収穫!

 結果は,
 まだまだ小さいが,過去2回とは大きく違い,玉ネギと呼べるものが採れた。
 苗代だけは取り戻そうと朝市へ。

2013玉ネギ (3)

 今回の最大(といっても普通サイズ)の玉ネギは,まだ大事に畑の中に残してある。
 これを含めて,間もなく我が家の食卓に上がる予定。朝市が先になってしまった。

2013玉ネギ (1)

 まだ完全な自然農栽培ではなかったが,玉ネギだって作ることができる”との手応えを得た。
 4年目は,種蒔きからの挑戦を予定。

 
ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/04 18:06

脱F1品種の次は自家採種増

 今年の春蒔きから,脱F1品種はほぼできそうなので,次なる課題は自家採種をいかに増やしていくか。
 しかし,これがなかなか難しそう。

 まず大根の自家採種から

 去年畑に残っていた大根から採った種は,完全に交雑したものだった。その種からできた大根は,食べるのには問題なかったが,白首,青首,薄い黄緑首,大きいもの,小さいものと多彩だった。
 
 春に花の咲くアブラナ科の野菜は多いので,交雑させないで採種するには,一工夫しないと無理。

 そこで,植え替え採種作戦でいくことにした。
 本など読んでみると,10本ほどを選び,斜めに植えて,花が咲く時期には防虫ネットか不織布をかけるとあった。

自家採種準備(大根)

 去年交雑した種からできた大根の次世代を作ってみようと,畑の邪魔にならない所に5本を植え替えた。

自家採種準備(大根継続)

 宮重(青首)も,あまり数が残っていなかったので,別の所に5本だけ植え替えた。

自家採種準備(宮重大根)

 さて,初めての試みなので,どこかにぬかりがあるかもしれないな。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2013/03/02 15:14

今年の白菜無施肥・施肥

 「今年は絶対巻いた白菜を作るぞ」と早く種を蒔いたが,その後の状況は…。

 無施肥でも虫がいっぱい

 今年も無施肥(人為的に肥料を入れていない)と施肥(油粕振りまき)での白菜作り。

 無施肥だから虫が来ないということはない。
 それにしても,この1株には,虫が来過ぎ。葉は穴だらけ。

2012白菜 (3)

 葉の裏を見てみると,こんなに!

2012白菜 (4)

 虫に負けるな

 自然農の中に「虫を敵としない)(川口氏」という言葉があるが,虫の食害に白菜の生長が勝てば,問題ないわけだ。
 現状では,他の無施肥の白菜も施肥の白菜も,虫に負けず順調に大きくなっている。

2012白菜 (1)

 去年の今頃は,まだこんな大きさだった。ただし,虫による食害は,ほとんど無かった。

2011白菜

 まだ,3年目。いろいろ比較研究が大事といったところ。
 ただし,いつでも白菜といえるものにすることは,最低条件だ。
 

2012白菜 (2)

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/20 21:23

ズッキーニ採種仕切り直し

 ダイナーの1本目は破棄したので,2本目で採種することに。

 2本目はバッチリ

 写真右の1本は腐りがひどかったので,結局種も捨てた。
 そこで,真ん中の2本目に挑戦。

仕切り直し

 まずは,包丁で縦半分に。

包丁で2つに

 いい種が入っていそうだ。

いい種採れそう

 取り出して,ぬめりを取った。しっかりした種がこんなにいっぱい。

採れました

 あとは乾燥し,来年の春まで保存。

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/08/13 15:44

ズッキーニ採種

 採種用に残していた緑系ズッキーニのダイナー1本が,腐ってきていた。これは,そろそろ引き上げ時だと思い,採って自宅へ持ってきた。
 
 緑系ズッキーニ採種用3本

 黄色系のオーラムは,同じ株の中で次第に実に緑色が入ってくるので,自家採種してもまともな種は採れないだろうと,採種したことはない。

 縞系ロマネスコ(たぶん)は,すぐ大きくなるし,味も甘みがあまりなく,煮込み料理向きのようなので,来年は作るのをやめようと思っていたのだが,採り残しがあり,結果1本が種用になった。

 そしてダイナーが2本。
 実は,これも取り残し3本の内の2本。1本は,腐ってしまったので,自生えを期待して畑で潰しておいた。

種取り用

 とりあえず,1本が腐ってきていたので,採種することにした。
 種はしっかりできていた。

ダイナー1本種取り

 種は腐っていないように見えるが,どうもにおいが悪いので,この後廃棄した。隣にある残った1本から採種することにした。

 UFO型ズッキーニも1個採種用?

 今年は4種類のズッキーニを作り,朝市に持って行っているが,白のUFO型はほとんど売れない。 
 黄色なら売れるだろうと,来年作るなら黄色かなと思っているので,白の種は採るつもりは無かった。なのに,ここでも,やはり取り残しがあって…。

 種を採ってみるか,飾りにするか決めていなかったが,今回の雨で裂果に。まだ熟していないようだが,採ってきた。

UFO裂果
 
 大きさを比べるとこんな風。一番小さいのが食べ頃サイズ。
 
UFO大きさ比べ

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/13 11:25

不耕起栽培の畝の作りまわし

 不除草・不耕起栽培での野菜作りだが,畝を固定してしまうと,うまくいかないことが出てくる。そのようなときは,その野菜に合わせて,畝の作りまわしも必要となってくる。

 キュウリの畝

 今年第1陣のキュウリは,大根と赤カブの畝を使った。
 地這いキュウリではないが,這わせようとしている。
 しかし,どうもツルの伸びがよくない。
  乾燥気味だし,畝の幅も狭い。

 写真中央の2畝
キュウリ畝

 6月蒔きの第2陣に,すぐ北の2畝を予定しているが,畝の形を変更した方が良さそうだ。  
 
 
畝の高さも幅も第1陣(右に見えている)と同じ
キュウリ畝(予定)

 そこで,2つの畝を合併させることにした。
 こうすることで,畝の高さが低くなり,幅も広くなることで,キュウリに合ったものになりそう。

 2つの畝が1つとなり,間の通路も含まれ広くなった
新キュウリ畝(予定)

 表面は,一旦除草されてしまうが,梅雨に入れば,すぐに草が生えてくる。
 削ったのは,表面の10cm位なので,その下には根穴もモグラの穴も十分残っている。

モグラ穴

 掘り残した大根の根も半分は埋まっており,不除草・不耕起栽培の範囲内におさまっている。

大根あり

 一度作った畝は,何が何でもそのままというのでなく,後作に合わせ,上手に作りまわしていくことも重要だということに納得。
 
〔参考図書:家庭菜園の不耕起栽培 水口文夫著 (農文協)〕
 

ランキングに参加しています。よかったら,どちらかのボタンをポチッと押して下さい。
 にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
自然流野菜栽培 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/05/30 15:33

この時期ならではの野草採りのはずが途中から

 農園は,今日も冷たい西の風が吹き付けている。車のドアが開かないくらい強い。
 野菜はうまく育っていないが,野草はそんな風にも負けず,春を感じて芽を出し,日に日に生長している。
 そんな春を食卓へ分けていただこうと農園へやって来た。

 野草採りを目的に農園へ来たつもりが
 今年,これまでに食卓に上がった野草料理といえば,ノビルの酢味噌和え,ヨモギの天ぷらとヨモギパン,土筆のおひたしといったところ。

 さて,意気込んで農園に来た割には,目新しいものを採ったいうこともなく,結局,ノビルと土筆。
 ヨモギやその他にも食べられる野草もあったが,今回はパスすることに。

 野草の代わりに野草化した野菜を?!
 採るのを野草から野草みたいな野菜に変更した。その方がおいしそうだったので。

 まずは,不耕起ならではのプレゼントと言われる,キャベツの切り株から出た芽。

調理前 (3) 

 つづいて, 採種した種がF1からだったものか,ブロッコリーでなくなったブロッコリー。
調理前 (6)

 この2つはラーメンの具に。
調理後 (3)

 採り残された小松菜から,白菜と赤かぶの交雑種からとアブラナ科の身元不明の交雑種からの菜の花3種。
調理前 (1) 調理前 (5) 調理前 (2)

 これらは,おひたしに。
 小松菜の菜の花が一番苦かったが,どれもおいしかった。
調理後 (4)

 土筆は煮付けに。( ちょっと盛りつけが汚いな)
調理前 調理後 (2)

 ノビルは,やっぱり酢味噌和えで。
調理前 (4) 調理後 (1)

 ということで,今日は,一人昼食だったが,春いっぱいとなりました。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ ←ランキングに参加しています。よかったら,ここをポチッと押して下さい。
自然流野菜栽培 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/03/21 14:20

農園の自生え野菜ズッキーニとダイコン1129

 去年から使い始めた農園で,自生えしている野菜が3種類。ズッキーニ,ダイコン,それからブロッコリー。
 ただし,ブロッコリーは,つぼみが見あたらない。種を採って蒔いたものも,葉は大きくなったが,やはりつぼみが大きくなってこない。これは,たぶんダメだろうな。


 11月の終わりなのにズッキーニ
 もうすぐ12月になるというこの時期に,まだズッキーニが育っている。遅れて自生えしてきた1株だ。
 なかなか大きくなってこないが,何とか1本収穫となりそう。がんばりました。
自生えズッキ

 ダイコンは,バラバラと
 ダイコンは,畑のあちらこちらに生えている。
自生えダイコン (1)

 すでに2本ほど抜いて我が家の食卓に上がった。
自生えダイコン (2)
 
 やっとまともな紅葉が見られた
 畑行きを休んで,3回目の紅葉に挑戦。
 今年は,2回山へ紅葉を見に行ったが,いずれも芳しくなかった。
 3度目の正直とばかりに,昨日,平日に出かけられる利点を生かして,県下の有名な紅葉スポットに出かけた。
 やっと見られた。
紅葉 (2)

 でも,この景色は人工で,本物の自然ではないから,感動は今一つといったところ。
紅葉 (1)

 ぜいたくかな。
自然流野菜栽培 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/11/29 16:15
« Prev | HOME | Next »